プレゼン資料も動画の時代。動画活用メリットと制作のコツ

動画制作

取引先や顧客との商談や社内でのプレゼンテーションの際にデジタルツールを用いるのは、今や当たり前の時代になりました。

テレワークの導入が進み、対面での営業からオンライン商談へ切り替えている企業も多いですね。

オンライン商談では相手にすぐデータを送ることができ、さらにすぐ視聴してもらうこともできるため、テキストや画像だけの資料だけではなく、動きや音がある「動画コンテンツ」の活用も増えています。

この記事では、営業や商談の資料に動画を活用する方法のメリット・注意点・コツについて解説します。

プレゼン動画の4つのメリットと効果

プレゼン動画とは、動画を使用したプレゼン資料のことをいいます。テキストや画像だけでは伝えきれない情報を視覚的に表現できるため、訴求力や理解度を高めるという役割があります。

資料に画像を埋め込むよりも、どうしても手間・負担がかかります。ですが、動画ならではの大きなメリットもあります。

まずは、プレゼンで動画を活用する4つのメリットと効果を解説していきます。

理解度を高められる

動画は画像よりも多くの情報量を詰め込めるといわれます。

また、動きを説明しようとする際には、画像では伝わりにくいことも。動画では、具体的に映像の動きや音声によって、伝えたいイメージを見せることができます。

動画は商品やサービスのデモンストレーション・解説にとても適していますね。

相手の注意を惹きつけられる

対面でもオンラインでも説明やプレゼンの場合、相手は基本的に「受け身」です。

また、日本人はプレゼンにおいて重要な「冒頭でのつかみ」が苦手と言われています。

動画や音声の入った情報は、プレゼンの冒頭や説明の途中で適度なアクセントの役割を果たし、相手の注意力を惹くことができるでしょう。

ここぞというときの説明に、動画を活用してプレゼンを最後まで聞いてもらえるように工夫してみましょう。

繰り返し利用できる

プレゼン動画は、繰り返し利用することも可能です。

例えば、商品・サービスの説明動画や会社説明の情報などは、基本的に相手によって毎回変わるものではありませんね。いつも同じ説明をしているのであれば、いっそ動画にすることで、プレゼン担当の負担も減り、商談のクロージングに注力できます。

また、スケジュールの都合で訪問やオンライン商談の時間がとれない場合には、テキストの資料を送るだけではなく、メールでプレゼン動画を送ることもできます。競合他社とはまた違った印象を与えることもできるでしょう。

オンライン商談は、ビジネスの時流にも乗った商談スタイルのひとつです。

さらに、プレゼン動画であればプレゼン担当者の能力に左右されず、いつも同じクオリティで説明ができる点も魅力です。

インターネット上で公開できる

作成した動画コンテンツは、動画配信サイトや自社ホームページなどインターネット上で公開することでプレゼンが終了した後も活用できます。

例えば、動画部分のみをYouTubeなどの動画プラットフォームに公開し、興味を持ったユーザーは概要欄などから問い合わせページに遷移してもらうといった使い方もあります。

メールや電話での問い合わせを負担に思う人も多くなっているこの時代。気軽にダウンロードできる仕組みもあるといいですね。

また、わかりやすい情報であればあるほど相手の自社商品への理解度が高まり、エンゲージメントの向上も期待できます。

プレゼン動画を制作するときのコツ

効果的なプレゼン動画を制作するために、押さえておきたいコツを3点解説します。

コンセプトを考える

最初に押さえておきたいのは、「コンセプトに紐づいた動画を制作すること」です。

自社や自社商品のイメージや目的にあった動画を制作することで、動画の効果は飛躍的に高まります。

<よくあるコンセプト例>

  1. かっこよさや洗練されたイメージを訴求

オープニングムービーをつくる、動画編集によって効果音やエフェクトを活用する、ナレーションやBGMを活用したプロらしい動画を作成する、など

  1. 親しみやすい演出で印象に残す

アニメーションを活用する、エンターテインメント性を意識する、あえて手作り感を少し残す、など

  1. わかりやすさを重視した構成

字幕などでキーワードを目立たせる、内容が伝わりやすい構成を作る、など

プレゼンの目的や用途によって動画制作のアプローチは大きく異なります。

いずれの制作方法にも共通するのは、動画を制作する際に「誰に」「何を」「どのように」伝えるのか、というコンセプトが重要であるという点です。

動画制作の基本については、過去記事もご覧ください。

シンプルかつ短時間の動画を作る

プレゼン動画は、短時間でシンプルなものがベストです。商材や伝える内容にもよりますが、1~3分程度にまとめるよう意識しましょう。

また、情報を詰め込みすぎるとかえって伝えたい内容がぼやけてしまったり、わかりにくくなります。ひとつのコンテンツでは最も伝えたい内容を1~3点に絞り、シンプルに伝わる動画を制作しましょう。

なお、テキストの量にも注意が必要です。1シーンおよそ5~10秒程度とした場合、適切なテキスト量は10文字~15文字ほど。

パッと見で要点が伝わるよう、テロップの大きさや位置、色などにも意識して制作しましょう。

プレゼン全体のストーリーを意識する

プレゼン動画でも、もちろんストーリーが重要です。心が動かなければ人は動くことがありません。

最も伝えたい点を強調できるように、プレゼン全体のストーリー構成を考えましょう。

ストーリー性のないプレゼンで動画を活用しようとしても、いまいちプレゼン動画のメリットが発揮されないでしょう。

ストーリー性を持たせるためには、相手に何を伝えたいのか、目的をはっきりさせることが大切です。そのうえでプレゼン担当や開発者の思いなど、サービスに関するエピソードを織り交ぜると効果的です。

プレゼン動画の制作方法

動画制作では、編集作業や字幕・SE(サウンドエフェクト)の挿入など、一般的には経験がないと難しい作業も多くあります。ですが、最近では動画編集ソフトやアプリも増え、動画制作会社も以前より安価で受注するケースも多くなりました。

また、Microsoft社のパワーポイントでも簡単な動画を作ることができます。

費用や制作スピードなどを確認したうえで、内製か外注かのどちらがより自社にあっているか検討しましょう。

編集ソフトやアプリを活用する場合

動画制作・編集は、アプリやソフトウェアで手軽にできるようになりました。

社内のミーティングに使用する場合は、動画制作に費用も時間もかけられないため、これらのツールを使用して動画制作をする方も多いです。

ただし、動画の編集作業には一定の知識が求められます。

また、制作会社に依頼する場合と比較すると、どうしてもクオリティが劣るため、社外への発表などに使用する場合は、よほどのことがない限り動画制作会社に依頼するのが無難かもしれません。

動画制作会社に依頼する場合

動画制作や編集を専門に請け負っている制作会社に依頼をすれば、クオリティの高い動画コンテンツを完成させられるでしょう。

このとき重要なのは、動画制作会社の技術力やセンスに加え、依頼内容のわかりやすさ、そしてやりとりの頻度です。

動画制作だけではなく、他社や他人に仕事を依頼するとき、丸投げでうまくいくことはあまりないですよね?

しっかりした動画を制作したいのであれば、依頼はわかりやすく、疑問などが生じた際にはすぐに解消できる体制を整えておきましょう。

また、動画制作会社の実績などを確認して、ご自身がイメージする動画に近い分野で実績があるか否かについても確認しておきましょう。

初めて動画制作を外注する祭は、以下の記事も参考にしてみてください。

【初心者必見】制作会社に動画作成を依頼するときに準備したい10のこと

まとめ

動画コンテンツは、今やプレゼンで活用されることが多くなりました。

その背景には、従来よりも手軽に動画制作できるようになったことと、YouTubeなどの台頭により多くの人が動画の視聴に慣れてきたことが挙げられます。

また、業務のオンライン化により資料や説明のわかりやすさが要求されていることも大きな要因ですね。

いまは採用活動もオンライン化の時代。自社をプレゼンして優秀な学生に興味を持ってもらうために「採用動画」にも注目が集まっています。

動画コンテンツを活用したプレゼンは相手の理解を助けやすく、印象に残りやすいというメリットもあります。コンセプトに沿ったストーリー性のあるプレゼンに、アクセントとして動画を活用してみましょう。

NayutaColumnへのお問い合わせはコチラ


◆お知らせ

LINE公式アカウントをはじめました!最新記事の公開情報など好評配信中です!
友達登録お待ちしております。QRコードの読み取り または 下のボタンから登録可能です。

友だち追加

ピックアップ記事

関連記事一覧