【動画撮影のモアレ対策】モニターをキレイに撮影するコツとモアレの除去方法

動画制作

テレビ画面やPCモニターを撮影すると、なんだかモヤモヤしている、波打っている、と不思議に思ったことはありませんか?

肉眼で見ると普通なのに、ビデオカメラやデジカメ、スマホで動画を撮影するとなぜか荒れてしまう現象を「モアレ」と言います。見栄えも悪いですし、チラつきが気になってしまいますね。

今回はこのモアレの原因と対策について、撮影時のちょっとしたコツについて「新宿東口の猫」を例に詳しく解説したいと思います。

モアレとは?

テレビ画面やパソコンの液晶モニターを撮影すると、なんだか波打ったようなモヤモヤした感じになってしまうことがあります。

これは「モアレ」または「干渉縞」と呼ばれ、規則正しい繰り返し模様を重ねたときに波紋のような縞模様が発生してしまう現象のことをいいます。

モアレが発生する原因

モアレの原因は、液晶モニターの解像度と撮影するカメラの解像度の違いから発生すると考えられています。

また、液晶モニターは小さな点の集合体です。さまざま色を再現するために、小さな点を重ね合わせているので、モニターを撮影すると条件によってはモアレが発生してしまうというわけです。

同じような理由から、水玉やストライプ、ボーダー柄のネクタイや洋服も撮影時にモアレが発生しやすいです。見づらさを回避するためにも、出演者の衣装にも気をつけるようにしましょう。

モアレを防ぐ対策

実はつい最近、NayutaColumn編集部でもモアレ対策に四苦八苦するという出来事がありました。

Twitterで話題の新宿東口の猫ちゃんを取材したときのことです。新宿東口の猫ちゃんが見られるのは、屋外に設置された超大型の4K街頭ビジョン。スマホで普通に動画撮影をすると、どうしてもモアレが発生してしまうのです。

▲モアレ発生中。かわいい猫ちゃんが見づらくなってしまいますね…

きれいに動画撮影をするために、実際にNayutaColumn編集部が試したモアレ対策について解説します。

新宿東口の猫が見られる「クロス新宿ビジョン」については、以下の記事で詳しく解説しています。

モアレ対策その1「カメラを少し傾けて撮影する」

「規則正しい繰り返し模様が重なる」のを防ぐために、カメラを少し傾けて撮影してみましょう。傾きは動画編集の際に修正できるので、少し引きで撮影しておくといいですね。

パソコンやテレビのモニターを撮影するときは、この方法がうまくいきました。

残念ながら、新宿東口の猫ちゃんをスマホで動画撮影しようとしても、この方法ではうまくいきませんでした。やはり4Kの巨大モニターの解像度とスマホカメラの解像度が違いすぎるのでしょうか?

このようにモニターとカメラの相性によっては、傾けて撮影してもモアレが発生してしまうことがあるので注意が必要です。

モアレ対策その2「ピントを外して撮影する」

もうひとつ、すぐにできるモアレ対策があります。モニターから少しピントを外して撮影するだけで、ピタッとモアレが解消できるというものです。

動画を撮影したいモニターの少し後ろにピントを合わせて、そのままモニターに撮影アングルを戻すだけでOKです。

ちなみに新宿東口の猫ちゃんの場合は、4K街頭モニターが超巨大だったので、後ろにピントを合わせると猫ちゃんがボヤけてしまいました。そのため、少し手前にある木にピントを合わせてから猫ちゃんを撮影するとうまくいきました。

スマホの場合、画面をタップすることでピントを調整できるので便利ですね。

▲手前の木にピントを合わせてから撮影した動画。モアレがだいぶ気にならなくなりました。

モアレ対策その3「モアレ除去フィルターを使う」

今回はスマホで撮影したのでこの方法は使いませんでしたが、カメラのレンズに取り付ける「モアレ除去フィルター」も市販されています。

どうしてもモニターを撮影する、プロジェクターの投影画像を撮影する必要があるときは、モアレ除去フィルターの購入も検討したほうが良さそうですね。

まとめ

モニターを撮影する機会は滅多にないかもしれませんが、企業紹介動画や店舗紹介動画を撮影するときにモニターが映りこんでしまうことはよくあります。

そのときに波打つようなモアレ現象が発生してしまうと、どうしても気になってしまいます。動画のクオリティを上げるためにも、モアレ対策を頭に入れて動画撮影をするようにしましょう。

ちなみに、新宿東口の猫の飼い主さんである株式会社クロススペース公式Twitterによると、昼間よりも、夜のほうがきれいに撮影できるとのこと。

猫ちゃんが眠りにつく「おやすみ編」が見られる時間は19時30分〜20時。通常バージョンよりも長めに姿を見せてくれるので、ゆったりと撮影ができます。

モアレ現象を抑えるために、モニターそのものの調整もされているようなので、今後にぜひ期待したいですね。

NayutaColumnへのお問い合わせはコチラ


◆お知らせ

LINE公式アカウントをはじめました!最新記事の公開情報など好評配信中です!
友達登録お待ちしております。QRコードの読み取り または 下のボタンから登録可能です。

友だち追加

ピックアップ記事

関連記事一覧