• HOME
  • Category Top
  • 取材動画
  • 不動業界のプロに聞く「不動産会社がやるべき、これからのインターネット集客」|株式会社サービシンク

不動業界のプロに聞く「不動産会社がやるべき、これからのインターネット集客」|株式会社サービシンク

取材動画
※本記事はBiz9(現NayutaTV)で制作した取材動画をNayutaTVに移行したものです。

様々なビジネスを動画で紹介する Biz9。

今回のテーマは「不動産会社がやるべき、これからのインターネット集客」です。

今回は不動産業界だけに特化したITのエキスパート、株式会社サービシンク代表取締役名村さんにお話を伺いたいと思います。

※以下、動画内容をテキスト化しております。

不動産会社に特化したサービシンク

関根:「早速なのですがサービシンクさんについて教えていただけますか?」

名村:「弊社は現在IT、ウェブ制作システム開発などをしておりますが、その中でも不動産業界に特化したサービスを提供しています。」

名村:「この会社は現在で11年目を迎えています。お客様の大体8割~9割はもう不動産会社さんばかりでして業界でも賃貸や売買、マンション、あとは投資不動産ですね。ほとんどの業種業態、不動産に関する仕事をやらせていただいております。ブランディングもあれば検索対策などそういうことも含めて上から下まで全部できるというのが弊社の特徴になっております。」

IT化が進んでいない不動産会社は多い…

関根:「今回のテーマは不動産会社がやるべきこれからのインターネット集客なのですが、不動産会社さんの集客課題ってたくさんありますよね。」

名村:「そうですね今後の集客ということで言うとやはり色々なIT化について不動産の業界は遅れてるんですね。インターネットで物件探した事ってありますか?」

関根:「私は無いです…」

名村:「まだこれからですもんね。しかし、ネットで探すと欲しい情報がびっくりするくらい載ってないんです。」

関根:「えーそうなんですね!」

名村:「やってるとこもありますがまだまだ見にくいです。なので、どのようにしたらお客様に寄り添えって情報提供できるかが重要になってくると思います。」

名村:「なんとなく不動産会社さんのイメージってどんなものがありますか?」

関根:「直接お話を聞いて間取り図とかの資料を見て説明を受けて聞いて想像するみたいな。間取りの写真とかもっと見たいなみたいと多分思うんだろうなと思ってます。」

名村:「ですよね。その情報がやはりインターネットで探した時にもしも少ないとか全然載っていないとなるとどう思います?」

関根:「不便だなと思います…」

名村:「複数の不動産会社さんのサイトを見ていて情報が少ないところと情報が多いところがあったらどっち使いますか?」

関根:「多い方ですね…」

名村:「これはもう当たり前ですよね。写真よりも動画の方がいい、動画があったらバーチャルリアィティで見れる方がより分かるという話になります。」

関根:「衣食住の住に関わる生活において大切なことを決めることになるのでよく考えて色々選んで決めたいですよね。しかし、それをわざわざ不動産会社に行ってお話を聞いて物件見学しに行かないと出来ないというのはすごく不便ですね。仰っていた通りバーチャルリアリティで体験できれば利用者も便利な方にどんどん移行していきますよね。」

名村:「そうですよね。どういう風にお客様にアプローチするかというのが恐らく不動産会社さんは求められます。ですが何かひとつサービスを入れただけで、もの凄く集客ができて顧客満足度が上がるというのは恐らく無いです。来ていただけるお客様に対して1対1で丁寧に対応することが恐らく今後すごく求められるようになるのではないかと我々は思います。」

関根:「なるほど。不動産会社さんのIT化についてあまり想像がつかなかったのですが今お話を伺って凄く大事だなと思いました。」

これからはお客様に寄り添えるかが大事だとおっしゃる名村さん

顧客満足度をあげるにはIT化が不可欠!

名村:「不動産は衣食住に関わることなんですね。なので5万円の賃貸の家に住む方であろうと何千万何億の家に住む方であろうとやはり住とは疎かにできるものでは無いはずです。なので住むということに対してそれぞれのお客様が思ってる気持ちにどのように不動産会社がアプローチするかが、大事になってくると思います。また顧客満足度や集客の方法なども大事にすることが恐らく不動産会社さんの今後の集客の肝になってくると思ってます」

関根:「なるほど不動産会社さんはこれからIT化を進めていかなければならないんですね…」

名村:「そうですよね。我々もIT化進めるということを何年も行っていますが今後不動産会社さんはもっとやっていかなければならないですし、現在我々もそこをお手伝いさせて頂いています。」

名村:「不動産会社様にIT化の話をすると、「ホームページのデザインをどのようにしたら良いのか」「インターネットの広告をやれば良いのか」という話になりますが、我々は不動産会社様に特化していますのでデザインや仕組み作り、A/Bテストでどちらの方が上手くいくかというテストなどIT化をお手伝いしています。」

名村:「改善点が分かればエクセルをお客様対応の専用のツールに変えるとかメールを人が送信しているのを自動化しましょうとか、そういった小さな改善からその会社さんができる事、もしもすでに仕組みがあるならもっと連携していきましょうなど、そういった部分を我々がまずお話を伺いをしてそれに対してどこから対応できるかというの提案させて頂いております。」

関根:「なるほどまさに不動産業界に特化したITのエキスパートですね!」

名村:「不動産業界で言うとDXデジタルトランスフォーメーションという言葉がIT化しましょうという意味でよく使われています。しかし、我々は今まで毎日のルーチンワークをデジタル化してひとりのお客様にもっと密にコミュニケーションが取れる時間を作るというのが、デジタルトランスフォーメーションの本質だと思っています。」

関根:「これからの不動産会社はDXを進めて、お客様一人ひとりと向き合う時間を確保することが求められるのですね。本日はありがとうございました。」

ただいま準備中です。今しばらくお待ちください

▼今回のゲスト、株式会社サービシンクの情報は下記をご確認ください。

サービシンク株式会社 概要

社名サービシンク株式会社
代表名田島 光敏
住所東京都新宿区新宿1-10-3
太田紙興(オオタカミコウ)新宿ビル6F
URLhttps://servithink.co.jp/

ピックアップ記事

関連記事一覧