• HOME
  • Category Top
  • 取材動画
  • 孫の結婚式へ行く。思い出の場所へ行く。行きたいところへ行く。高齢者の 外出を支援する「トラベルヘルパー」

孫の結婚式へ行く。思い出の場所へ行く。行きたいところへ行く。高齢者の 外出を支援する「トラベルヘルパー」

取材動画
※本記事はBiz9(現NayutaTV)で制作した取材動画をNayutaTVに移行したものです。

様々なビジネスを動画で紹介する Biz9。

今回のテーマは『孫の結婚式へ行く。思い出の場所へ行く。行きたいところへ行く。高齢者の 外出を支援する「トラベルヘルパー」について』です。

https://youtu.be/TN031blUPXU

※以下、動画内容をテキスト化しております。

関根:「孫の結婚式へ行く、思い出の場所へいく、行きたいところへ行く、高齢者の外出を支援しているトラベルヘルパーについてです。
あ・える倶楽部(A’ EL Club)を運営する株式会社エス・ピー・アイさんにお話を伺いたいと思います!」

篠塚:「よろしくお願いします」

どのようなサービス?

関根:「介護が必要な高齢者の旅行や移動をサポートされているとお聞きしました。具体的にはどのようなお仕事なのでしょうか。」

篠塚:「トラベルヘルパーは介護認定を受けた方が外出や旅行をする際のアシストをするということを目標として、教育訓練を受けたメンバーです。
日常生活の中でも介護が頻繁に行われるようになってきましたが、お手洗い・食事・お風呂など生活範疇から外へ出た際の飛行機・電車移動など、様々なアシストが必要な方々が旅をするのでそうした方々に必要な介護を提供するというのが基本のサービスです。」

一生旅を楽しんでいただくサポートをしたい

篠塚:「元々元気に旅行をされていた方々が、70代半ばから少し健康に不安が出てきたり、中には介護が必要になる方もいます。
旅好きなお年寄りに一生旅を楽しんでいただけたら我々も嬉しいということで始めた活動です。」

今までどのようなサポートをしてきたのかトラベルヘルパーさんにお話を伺ってみる!

関根:「実際にトラベルヘルパーさんにお話を伺ってみたいと思います!」

戸塚:「トラベルヘルパーとして11年仕事しています。戸塚 京子と申します。よろしくお願いいたします。」

関根:「よろしくお願いいたします。
今までどのような旅行や外出のサポートをされてきましたか?」

戸塚:「高齢者や障がい者の方で車イスで動いている方のサポートをしています。
旅行・お墓参り・結婚式の付き添い。温泉に入りたい方はご一緒したり、昔住んでいた海外をもう一度旅したいなど、お客様の行きたい場所へお連れする、お客様の希望を実現するため動いています。」

関根:「日本だけでなく海外までサポートするんですね
具体的にトラベルヘルパーさんはどのようなサポートしているんですか?」

戸塚:「要介護認定を受けたお客様や障がいも持っているお客様が中心のため、食事・トイレ・お風呂の介助など、介護のサポートを主に行なっています。
移動の面では飛行機・電車・バスを使って、どこにでも行けるようにサポートを行います。」

関根:「昔は旅行や外出が好きな方って多いと思います。そこをサポートされるということは素敵な事業だなと思いました。」

折れた心を起こすところから始まる

篠塚:「元々身体が不自由では無く、元気に働いてきた方や子育てを終えられた方達の為に作ったサービスです。
我々が想像する以上にご本人はもちろん家族も含めすごく不安を抱えています。
車イスになったり片側に麻痺が残った方が、「電車・バスを使えるのか」「飛行機なんて無理よね」というところから始まる為、折れた心をまずは起こさないと身体が起きてこないので、気持ちを起こすところから最初の仕事が始まります。」

良い旅にするには情報の連携が必要

篠塚:「実際に旅に出るときは様々な介護や移動のお手伝いをしますが、我々は非日常の介護を受け持つ側ですから、日々介護をされているご家族や介護事業者の方と上手く情報の連携ができないとなかなか良い旅にはなりません。」

トラベルヘルパーに求められることとは

篠塚:「実際に旅をサポートしてくださる交通機関の方や宿泊先の方食事処・観光地の方など受け入れ側の方々の理解がナイト進まない旅となる為、そうしたことの調整役でもあり、足りない部分を補うということがトラベルヘルパーに求められている役割だと考えています。」

関根:「介護を必要とされている方のご家族やおばあちゃん旅行に行きたいんだ連れて行ってあげたいと思っていても家族だけでは難しい場合もありますよね」

篠塚:「旅だけではなく結婚式など、家族の行事に参加できないということもありますよね。娘の結婚式ともなれば、お父さんお母さんは忙しくて、おじいちゃんおばあちゃんのお世話がなかなかできない、それで諦めていた方も今まで随分ありました。
あ・える倶楽部(A’ EL Club)があると助かると行ってくださる方がいるのでサービスを広げていきたいと思っています。」

関根:「本当に素敵だなと思います。素敵な時間や思い出を家族で共有することがより現実的にできる、本当に素晴らしいなと思いました。」

篠塚:「離れて暮らす家族が多くなりましたので、家族の分身サービスのようなものです。」

関根:「本日はあ・える倶楽部(A’ EL Club)を運営する株式会社エス・ピー・アイさんにお話を伺いました!
ありがとうございました。」

▼今回のゲスト、株式会社レナータの情報は下記をご確認ください。

株式会社エス・ピー・アイ 概要

社名株式会社エス・ピー・アイ
代表者名篠塚 恭一
住所東京都世田谷区宮坂3-24-11 1F
URLhttps://www.aelclub.com/

ピックアップ記事

関連記事一覧