• HOME
  • Category Top
  • 取材動画
  • 「経営者のコーチ」に聞く、管理職・マネジメント層を強化する 1on1 と コーチング  | ワンネス株式会社(旧社名:CCO)

「経営者のコーチ」に聞く、管理職・マネジメント層を強化する 1on1 と コーチング  | ワンネス株式会社(旧社名:CCO)

取材動画
※本記事はBiz9(現NayutaTV)で制作した取材動画をNayutaTVに移行したものです。

様々なビジネスを動画で紹介する Biz9。

今回のテーマは「『経営者のコーチ』に聞く、管理職・マネジメント層を強化する 1on1 と コーチング」です!

大手企業 経営者のコーチや、組織開発コンサルティングなどをてがけるワンネス株式会社(旧社名:CCO)の石山さんにお話を伺います。

※2021年4月より会社名変更に伴いサービス名も「ソダテル」に変わりました。詳細は企業ホームページをご確認ください。

ライブドアのメディア事業を0から立ち上げた石山さんだからこそ、マネジメントの難しさを知っている

関根:「本日はよろしくお願いいたします」

石山:「よろしくお願いします。

みなさんホリエモンってご存じでしょうか。私はホリエモンこと堀江さんと16年程前に、ライブドアという会社、メディア事業0から立ち上げてました。

6人ほどで立ち上げて、副社長と一緒にそこから600人規模へほぼ0から売上300億円くらいの事業を作るという中で、事業プロデューサーとして約30ほどの事業の立ち上げに携わりました」

石山:「その経験を生かして、300人ほどの部署を抱えていました。本当にマネジメントの日々に苦労していたんですね。

なので、人のマネジメントをするためには、意識だけでなく無意識や潜在意識も理解しなければならないと考え、潜在意識を独学で学び、その潜在意識というものを本にまとめております。

この内容を元に、トヨタですとか三菱電機などの大企業の組織開発や役員向けの研修をさせていただいたり、あとはベンチャー企業で経営者の方針から入って組織作りのお手伝いというものをさせていただいております。

改めて今日はどうぞよろしくお願いいたします」

専門の講師が企業の1on1を代行し、お悩みを浮き彫りにする

関根:「普段は大手企業がクライアントとのことですが、どんな依頼があるんでしょうか」

石山:「最近ですと、コロナの影響を結構皆さん受けてらっしゃるので、リモートワークが進んでると思います。

『社員が自宅でちゃんと仕事してるのかわからない』
『現場の状況がわからない』というお問い合わせが多いですね。

なので、社内の1on1を我々がオンラインで代行し、専門のコーチが一人ひとり丁寧にお話を聞かせていただいて、会社の従業員の方が実際にどういった事に困ってらっしゃるのか、どういったところで仕事が進みづらくなっているのか、現場を把握するというニーズが増えています」

まずは上司から、部下への仮説や見込みを聞き出していく

関根:「ここ数年で1on1を導入している企業は増えたと思うのですが、具体的にどのようなサポートをしていらっしゃるんですか」

石山:「ただ現場の話を聞いて報告するだけというイメージをされる方が多いのですが、弊社側の1on1の代行は少し変わっていまして。

最初にまず上司の方に話を聞きます。
『あなたの部下の現状どうですか』
『何がネックで仕事が進まないように見えますか』
とヒアリングさせていただきます。

それを持ったうえで、部下である本人と1on1をしますが、上司の仮説や見込みが大体当たってる方もいれば、大きく外れてる方もいらっしゃいます。
本当に様々な問題が上がってきますね」

外部講師からのフィードバックだからこそ素直に受け止められ改善できる

石山:「ヒアリングが終わった後は、先程のマネージャー、上司の方とまた面談を行うのですが、その時に何を申し上げるかというと……。

例えば、関根さんがマネージャーとして。
『関根さん、あなたの部下の石山がこんな事言ってたのです』
と結構そのままお伝えします。

もちろん、言ってほしくないことは言わないという約束した前提なのですが、部下の方からは『代わりに言ってくれるんですか!?じゃあ、これ言っておいてください!」ということが結構多いです。みんな、思ってることを言わない、そうしたものをあえて社外の人間が入ることによって、ヒアリングしてちゃんとレポートでご提示をすると上司の方は『やっぱり』という反応が多いですね」

石山:「『誰にも言われないし、まあいいかこのままで』とやっていたのがはっきりとフィードバックされると、『私が変わらないといけませんね』とおっしゃるマネージャーが殆どです。

上の方は上の方で、どうしても思い込みや決めつけで部下を見てしまうし、部下の方もなかなか本音で話しづらい、忖度しやすいという空気感もあります。

そうした空気感が大きくなればなるほど、そういう文化があって言いづらいことを、代わりに社外の人間に言ってもらう。それをもとに上司も成長していく。

これで関係が良くなるというサービスを提供させていただいております」

関根:「実際はマネージャークラスの方、上司の方のメンタリングやコーチングが主体になるのですね」

石山:「そうですね。ただ話を聞くだけであれば、本当に誰でも出来るのですが、そうするとプロのコーチに頼む意味がないですよね。
なので、弊社ではあくまでも現場から聞いた話を材料に、マネージャーの方にコーチングをするのがメインになります。

現場と言ってもいろいろあります。
例えばベンチャーを例に取ると従業員数150人ぐらいのIT系のベンチャーで、大体70人くらいの方に1on1をした後、およそ上司1人につき部下10人くらいが平均ですが、この10人の状況をもとにまず現状と報告をします。
それに対して、上司であるマネージャーさんが思うことを伺うのですが、そのやり取りを通している時に、よく出てくるのが大きく分けると2つあります。

『そもそもマネージングの仕方が分からないからコーチにそういったやり方を教えてほしい』という半分レクチャーに入るケース」

石山:「もう1つは『本人にコミュニケーションの癖がある』、それが部下との関係で良くない影響を及ぼしているので、それを変えようというケースですね」

石山:「あるマネージャーの癖というのが、全部自分で抱え込んで中々人に頼らないという癖を持ってました。

上司であるマネージャーが全部、自分で抱え込んで人に頼らなかったら……。
チームワークやチームビルディングなど、何もできないじゃないですか。

本人がやっとそのフィードバックで自覚をして、確かにこれではチームとして機能しないし自分が大変になるだけなんでいい機会にこの癖を手放そう、と決断をしてくれたりもしました」

自社の希望にあったコーチを選べる

関根:「コーチに入られる方は、どのような方なのでしょうか」

石山:「コーチは34名ほどいるのですが、結構幅が広く、20代から60代までいます。男女比はちょうど6:4で女性が多いくらいですね」

関根:「女性の方が多いのですか」

石山:「多いですね。
キャリアも本当に様々で、例えばIT系で人気なのが、同じITやクリエイティブ企業出身で感覚が若い方。

中堅クラスの企業になってきて、マネージャーを育てたいとなるとコーチも管理職経験がある人を期待されます。

例えば大手の企業で女性のキャリアを上げたいという場合には、こちらも40~50代の女性で、子育てが一段落つき、子育ても仕事も成果が上がっているという女性の方がコーチとして人気があります」

関根:「自分の会社にあったコーチを選べる、バラエティの幅があってすごいですね!」

石山:「実際、選べるというのは大きなポイントでして、他の会社はコンサルでもコーチングでもそうですが、社員として抱えてしまっていると基本選べないです。どうしても空いてる人を出すようになりますので。

逆に大手のポータルサイトにあるような場合は、たくさん登録者がいて選べるのですが、クオリティチェックを一切やってないので、誰が当たりで、誰がはずれか分からないのが怖いところですね。

弊社は人数30人くらいとまだ大きくはないのですが、一人ひとりをきちんと見てクオリティが安心できる人間を資格別に揃えているというのが、大きなポイントかなと思います」

「現場が見えづらい」を可視化し、上司部下の関係を再構築

関根:「本日はとても勉強になりました!

日本の社会だと、特に上下関係がはっきりしてる印象があり、仕事をするうえではそこがネックとなることもありますよね。そこを解決するサービスを提供されているということで、すごい驚きましたし面白かったです」

石山:「私からは、今回この動画をご覧いただいている皆さんに、一言メッセージをお伝えしたいです。

御社の今年の事業計画は、想定通りに進んでらっしゃるでしょうか。

コロナの影響もあり、今も多くの業界でいろんな変化が起きています。
その中で一番大きなことは、リモートワーク導入によって、現場が見えなくなってきたという課題です。

弊社はそこを可視化するお手伝いをさせていただきます。

そして本社に出社されながらマネージャーとして、部長として、役員として事業をなんとか成功させようと奮闘されている皆さんに対して、ご自身の成長と現場との関係の再構築というところをお手伝いさせていただきたいと思っております。

今日は本当に素敵な時間をいただきまして、ありがとうございました」

▼今回のゲスト、ワンネス株式会社(旧社名:CCO)の情報は下記をご確認ください。

ワンネス株式会社(旧社名:CCO) 概要

社名ワンネス株式会社(旧社名:CCO)
代表名石山 喜章
住所〒105-0022 東京都港区海岸1-4-22 SNビル 9F
URLhttps://oneness.inc/

ピックアップ記事

関連記事一覧