• HOME
  • Category Top
  • 取材動画
  • 【リモートワーク】オフィスは最小、業務効率は最大。そんな会社の作り方とは!! |株式会社TRUST

【リモートワーク】オフィスは最小、業務効率は最大。そんな会社の作り方とは!! |株式会社TRUST

取材動画
※本記事はBiz9(現NayutaTV)で制作した取材動画をNayutaTVに移行したものです。

様々なビジネスを動画で紹介する Biz9。

今回のテーマは「オフィスは最小、業務効率は最大。そんな会社の作り方とは!!」です!

株式会社TRUSTの山口さんにお話を伺います。

会社の想い・価値観を体現したデザインで業務効率を最大に。これからのオフィスの在り方

関根:「業務効率を最大化するとはどういうことでしょうか?」

山口:「今までは会社に来て、定時まで働いて家に帰ることが当たり前でしたが、『会社に来ずにワークする』ということをミックスでやらないといけない時代だと思います。

『管理をどうするか』
『テレワークを続けている社員のモチベーションをどう維持させるか』
『会社への帰属意識、エンゲージメントを高く維持するにはどうしたら良いか』

というところが会社であったり、そこで働く人たちの課題として上がってきています。

その課題を解決するために、これからのオフィスは『会社のビジョン・想い・価値観』を体現するような場所でなくてはいけません。

これからはオフィスが今までより心地いいだけでなく、会社と社員の想いが混ざり合う場所になっていきます。

より重要な、全員が認識する場所にしていかないとダメだと思います。」

関根:「ここのオフィスもすごく素敵ですよね。

この様な職場であれば『仕事も嫌にならないな』という印象を受けました!」

山口:「ありがとうございます。

このオフィスを作るときも、『会社の想い・価値観を体現できる』デザインにしようと思いまして、ガラス張りにしたりですとか、フリースペースを多くとりました。

『みんなが楽しく本気で仕事に向き合える』という様な社風をこういったオフィスデザインで体現しています。」

関根:「テレワークを導入することでオフィスの在り方も変わってくるのですね。」

テレワークで変わるオフィスの形。重要なのは場所とレイアウト

山口:「実際の事例をお話しすると、テレワーク自体が当たり前になっていますので、『今までのオフィスの面積は必要がない』という判断をされて郊外の方に縮小移転された企業さんがいます。

打ち合わせや商談も場所を選ばないので、どこでも仕事は成立します。

なおかつ郊外は家賃が安く、通勤のストレスも少ないです。
また、郊外は緑が多いのでそういった意味でも社員さんのストレスが軽減されるというメリットがあります。

もう1つの事例はオフィスの場所はそのままですが、テレワーク前提になっているので、今あるオフィスのレイアウトを変更するという例です。

今まで会議室がいくつもあって対面で打ち合わせをしていたものが、Web会議で打ち合わせ・商談が当たり前になっているので、『テレワークブースを細かく・数多く作ることによって、効率よく打ち合わせ・商談・会議をできるようにしたい』という要望がありました。

そこの企業ではレイアウトを変更して、テレワークが機能的に皆さんができる様な空間にしました。」

関根:「業務を効率化するためにレイアウトはとても大事ですね。」

山口:「めちゃくちゃ大事ですね。
今まで5つあった会議室ですが、営業さんや打ち合わせをする方が10人いたら10個の会議室が必要になります。

それだけで時間のロスですし無駄が多くなるので、新しいレイアウトにすることによって業務が効率化できるわけですね。」

退去までの家賃を保証!?縮小移転なら一括でTRUSTさんにお任せ

関根:「オフィス縮小移転のコスト感を教えてください。」

山口:「いくつかポイントがあるのですが、まずオフィス縮小にあたってしたほうがいいことがシュミレーションです。

100坪・30000円/坪で300万円/月の家賃が年間で3600万円、それを半分の50坪に縮小した場合には年間のコストが1500万円以上 下がります。

それを1年ではなく2年3年スパンで見るとですね、トータルのコスト削減はかなり大きなものになります。

いざ縮小移転しようとなった場合には退去通知を出すことになります。
退去通知を出して半年間は基本的に出ることができません。

そうなるとすぐにコスト削減したくても半年間は家賃を払い続けなければなりません。

その半年間の家賃をこちらの方で保証するサービスもやっていまして、本当は半年間は払い続けなければならないのですが、代わりに賃貸契約を巻き直してその間の家賃をこちらで保証します。

そうすると半年待たずにすぐに移転でき、それだけでも多くのコスト削減につながります。

また、今までのオフィスの家具がいらなくなると思うのですが、そのいらない家具を買い取るサービスを提供しています。

『今は縮小するけども今後また拡大する際に、今あるオフィス家具をもう一度使いたい』というお客様もいらっしゃるので、『モノオク』というサービスを展開している企業さんと提携して安価な金額で今のオフィス家具を保管できるというサービスもあります。

このように縮小移転に関わる様々なやらなければならないことを、弊社では一括で全て1つの窓口で対応できます。

コスト・労力・時間をかなり削減しながらオフィス縮小移転をスムーズに進めることができますので、何かオフィス縮小について迷ったり検討している企業の方には是非ご相談いただきたいです。」

関根:「オフィス縮小移転を考えていらっしゃる企業さんにとって、このサービスはすごくありがたいと思いました。

オフィス縮小移転を考えている企業さんは、なるべく早くコスト削減のために行動した方が良いとも思いました。

本日はありがとうございました!」

▼今回のゲスト、株式会社TRUSTの情報は下記をご確認ください。

株式会社TRUST 概要

社名株式会社TRUST
代表名山口 一
住所〒206-0042 東京都多摩市山王下1-12-12 福満ビル2F
URLhttps://trust-line.co.jp/

ピックアップ記事

関連記事一覧