• HOME
  • Category Top
  • 取材動画
  • 【不動産×フィンテック】リノベ住宅用ローンマッチングとは|モゲチェック・リノベ―ション株式会社

【不動産×フィンテック】リノベ住宅用ローンマッチングとは|モゲチェック・リノベ―ション株式会社

取材動画
※本記事はBiz9(現NayutaTV)で制作した取材動画をNayutaTVに移行したものです。

様々なビジネスを動画で紹介する Biz9。

今回のテーマは「不動産業界の業務効率を良くするリノベ物件用のフィンテックサービス」です!

モゲチェック・リノベーション株式会社の太田さんと鈴木さんにお話を伺います。

リノベ物件用FinTechサービスとは?

渡辺:「今回は、不動産業界の業務効率を良くするリノベ物件用のフィンテックサービスのご紹介です。」

渡辺:「モゲチェック・リノベーション株式会社の太田さんにお話を伺いたいとおもいます!」

渡辺:「リノベーション住宅のローンマッチングをしているということなんですけれども、どのようなサービスなんですか?」

太田:「私達が提供しているサービスはスマホ1つで住宅ローンを本承認まで進めることができるサービスです」

太田:「企業様のローン漬けの業務を完全委託して物件の販売やイノベーションのプラン等、お客様の接客に専念することができます」

渡辺:「スマホ1つで出来ちゃうんですね!」

太田:「ユーザーの借入可能額の判定オンラインで複数の銀行へ審査。ユーザー情報や案件ステータスを一元で管理することができます。」

渡辺:「スマホからもできるということなんですが、実際にお客さんはどのように入力していくんですか?」

太田:「実際の画面がこちらになります。こちらをご確認いただいて申し込みをします。」

渡辺:「凄い見やすいですね!」

太田:「ありがとうございます。

利用規約を確認していただいた上で審査に進むという形で、実際の希望条件ですね。

・お住まい
・希望するマンションの条件、中古の状態、自己資金など
・基本情報
・お名前
・お電話番号
・ご家族
・お仕事
・今のご年収
・お借り入れが今あるかどうか(ここがキモ)

こちらを入力していただいて、送信をするだけです」

太田:「各企業様側には、専用のホームページを作成させて頂いており、おおよその借入額や金利の目安が一目でわかるようになります。

入力フォームをいれるだけなので、紙の申込書のように記入漏れが発生しません

渡辺:「送る時に送るって押したら、ここ入っていませんよと教えてくれればまた入れ直せばいいですもんね!」

太田:「おっしゃる通りで、紙でしたらその場で担当の者が確認して記入が漏れたままで出してしまうというケースが発生してしまいます。

スマホで入力してもらった時点でエラーが出るので、その場で入力漏れが防げるところが良いポイントだと思います」

渡辺:「今このスマホでお客様の情報を送りましたが、管理の方はどういう風にされているのでしょうか?」

太田:「実際にこちらのパソコンの画面でアドバイザリーから資料の提示を依頼されます。

こちらの方のチャットにお客様の情報が今流れ込んできまして、チャット上でお客様と企業様と私達3社間でチャットすることができます」

太田:「アドバイザリーの方から、こういったメッセージで免許証の写しだとか健康保険証、源泉徴収票などの提示を求められますので、お客様の方から写メを送付してもらいます」

太田:「その後、実際にモゲチェックの担当の者から審査に進ませていただきますと連絡が入り、実際に審査に進むという形になっています」

太田:「お客様の方から写メで送るだけでこちら事前の審査がスタートすることができます。そして結果が出ます。

アドバイザリーの方からお客様に実際に〇〇銀行さんから承認が出ましたという風に、メッセージで連絡することも可能です」

渡辺:「本当にお客さんはスマホから送って写真とかも写メって送るというだけでいいんですね!」

太田:「お客様も勿論そうですし、これを取り入れていただいた企業様がこちらの画面でどこの銀行で実際どれぐらいの金利、どれぐらいの承認をえられてるか?ということも、こちらで一元管理できます。

金利の良いところから、結果が芳しくなかったところなどを確認することができますので、他に銀行があるの?とお客様から聞かれた時もこちらの画面で対応することが可能でございます」

渡辺:「色んな銀行を比較して、1番条件に合ったものを選べるということですよね。どういう企業が導入するものなのでしょうか?」

太田:「自分たちでは通せないような案件をお持ちの企業様が多いですね。

例えば 育休、転職、旧耐震などの様々な条件でも、銀行の基準をクリアし承認をいただいた実績があります」

太田:「具体的な事例は、弊社コンサルタントで元銀行員の鈴木からお話しさせていただきます」

渡辺:「実際の事例について教えていただけますか?」

鈴木:「住宅ローンですね。これまでご案内してきた中で物件購入とリノベーションの建築費を購入資金として一緒に借りるとすると、銀行が結構限られてしまうというケースが多いので、私共の方で最適な金融をご案内します」

鈴木:「住宅ローンを既に借りている方々の多くの方は今は住宅ローンが残っていてリノベーションをすると新たに別途リノベーションのリフォームローンを組んでいただいて月々5万円とか10万円とかですね。

支払いが増える前提で検討されるんですけれども、これを住宅ローンの借り換えと一緒にリノベーション費用も借入していただく場合に、今と返済額を変わらずにお支払いいただける方法というのがあります」

鈴木:「方法としましては、住宅ローンが20年残っていてリフォームローンをまた20年払いで組もうとすると、月々のお支払いがですね大体18万円ぐらいになるケースでは、これを改めて住宅ローンを35年払いに借り換えをして一緒にリノベーション費用も35年払いで組んでいただきますと約10万円ぐらいで抑えられたというケースもあります」

渡辺:「今まで払っているお金毎月払っているものは変えずに、その長さだけ変えていくということなんですね!」

鈴木:「長さを変えることで支払期間が伸びてしまいますのでそこは嫌だなというお客様もいらっしゃいますが、住宅ローンを借り換えするタイミングで金利を大きく下げることもできます」

鈴木:「お支払い総額が変わらずに、毎月のお支払い額も変わらず返済期間だけ長くなるという方法ができます」

渡辺:「今回は、モゲチェック・リノベーションさんにお話を伺いました。
本日はありがとうございました」

鈴木:「ありがとうございました」

▼今回のゲスト、モゲチェック・リノベ―ション株式会社の情報は下記をご確認ください。

モゲチェック・リノベ―ション株式会社 概要

社名モゲチェック・リノベ―ション株式会社
代表名三浦 隆博
住所東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル2階 FINOLAB
URLhttps://mogereno.jp/

ピックアップ記事

関連記事一覧