• HOME
  • Category Top
  • 取材動画
  • 糖尿病治療のために生活習慣を変える!! 凄いアプリ「みんチャレ」をご紹介!!|エーテンラボ株式会社

糖尿病治療のために生活習慣を変える!! 凄いアプリ「みんチャレ」をご紹介!!|エーテンラボ株式会社

取材動画
※本記事はBiz9(現NayutaTV)で制作した取材動画をNayutaTVに移行したものです。

様々なビジネスを動画で紹介する Biz9

今回のテーマは「糖尿病治療のために生活習慣を変える!! 凄いアプリ「みんチャレ」をご紹介!!」です

今回は、ユーザー同士で励まし合いながら習慣化を促すアプリ「みんチャレ」について、エーテンラボ株式会社代表取締役CEOの⻑坂さんにお話を伺います。

※以下、動画内容をテキスト化しております。

関根 :「本日はよろしくお願いいたします。」

長坂 :「よろしくお願いいたします。 エーテンラボ株式会社代表取締役 CEOの長坂剛です。」

みんなで一緒に習慣化!「みんチャレ」とは

長坂 :「エーテンラボが運営する「みんチャレ」はダイエットやトレーニング、勉強等の新しい習慣を身につけたい方が、5人1組でチームを組み、今日行った習慣の証拠写真を送りあって励ましあうことで、習慣を身につけることができるという匿名のサービスです。」

長坂 :「最近では慢性疾患の方向けに生活習慣の改善にこのアプリを使っていただこうということで「糖尿病の方の生活習慣の改善に効果があるか」ということを神奈川県と一緒に実証実験を行っております」

実際のユーザーさんに直撃!「みんチャレ」の良いところはどこ?

関根 :「では、実際に治療のための生活習慣の改善に「みんチャレ」を活用しているユーザーさんに来ていただいたので、使ってみての感想等の色々なお話を伺ってみたいと思います。それではよろしくお願いします」

宇津木 :「よろしくお願いします」

関根 :「糖尿病の治療をされているとのことですが、その中でどのように「みんチャレ」を使っていらっしゃいますか?」

宇津木 :「糖尿病の治療では、血糖値を管理するノートを先生からもらいます。それが複写式で、1ヶ月に書いた複写を先生に持って行く決まりになっています。ただ、そのノートがとても書き心地が悪いと感じていました。そこで、血糖値を管理するアプリをまず見つけて、そこで管理をし始めました。ですが、継続がなかなかできませんでした。」

宇津木 :「資格の勉強のために専門学校のホームページを見た時に、「みんチャレ」のアプリがおススメされていたので、まずダウンロードして使い始めたという事が「みんチャレ」を使うきっかけでした。「もしかして糖尿病とかもあるかな?」と思い、カテゴリーを検索してみたら血糖値を報告しあうグループがありました。そこに参加しまして、体のメンテナンスのために、「みんチャレ」を活用しています。」

関根 :「自分で記録をしていく上で、アプリを使って良かったと思いますか?」

宇津木 :「思いますね。朝に記録しなければいけないので、今までは寝起きにめんどくさいという気持ちがありながら記録していました。ですが、そこを皆さんに報告するということで、「ちゃんとやった」と自分に○を出せるというところが投稿して良かったなと思います。計測にもなりますし、もっとこれからもしっかり管理していこうという気持ちにも自然となります」

関根 :「実際にみんチャレを利用してみて、「あって良かった」と思った時はどんな時ですか?」

宇津木 :「糖尿病はどうしても世の中の風潮的に隠したがる病気です。だからこそ、相談する相手がまずいない現状があります。また、少し誤解されやすい病気というところもあるので、「匿名性が強いみんチャレなら何でも話せる」というところは良いと感じます。病院の先生ともできない会話が出来るところも良いところです。病院の先生は数値のみで「いいね今月も頑張ったね」と言ってくださるのですが、その経過は何も見ていないということもあり、「みんチャレ」とは全然違う空間ができていると思います。話せる仲間がいることはすごく大事だと思いますね」

関根 :「日々の中でお互いの近況を知らせあうことで、共感する事ができたり、ここはどうしたらいいんだろうという悩みも相談できる相手がいるという事だけでモチベーションは大きく変わるのですね。」

宇津木 :「そうですね。特に糖尿病改善のグループであればこそ、皆さんの血糖値を皆さんが見ているので、数値が変わっていれば、「どうしたんですか?」という気軽な感覚で私は質問をしています」

関根 :「1人よりも皆さんがいる環境の方が気持ち的にも良くなりますよね」

宇津木 :「私が安心したのは、ちょうど女性2人男性3人のグループに入っていることです。女性がいるという事で、さらに話しやすくてすごい良かったです」

関根 :「異性だと話しづらいことも同性だから分かり合えることもあると思いますし、異性がいることで幅も広がりますよね」

宇津木 :「今はとても安定したチームに所属していると思っています。操作も楽ですから、抵抗なく始められると思うので、もっと広がっていくと良いと思いました」

宇津木 :「みんチャレを使い始めた時に、最初にダイエットグループに入った時、雑談が多くて通知が100つくこともあり、「私これだめかも、このアプリだめかも」となり、一回挫折しそうになったこともありました。ただ、簡単に挨拶して退室できて、また自分に合うところを探せるというところがあるので、病気の糖尿病だけでなくて、自分の考え方やあり方があの画面にパッと出てくると感じながら使用しています。」

モチベーションはチームで続ける

関根 :「みんチャレをユーザーさんが実際に使って、糖尿病の治療に取り組まれているのですね」

長坂 :「糖尿病の方達同士で、困ったことや自分の状況を話し合いながら運動療法や食事療法の継続に使っていただいています。」

長坂 :「このユーザーさんたち皆さんで毎日合計3万歩、歩こうという目標があるのですが、例えば「今日は外であまり歩けなかったので家でルームランナーで歩きました」と報告されてます。こういう形で、雨の日も歩けなかったという報告をチームにすることで、どういう工夫をしているかという事を他のユーザーさんが知る事で、「だったら私も家で踏み台昇降してみよう」という形で色々励まし合いながら運動療法を続けて頂いております。」

長坂 :「また、あるユーザーさんは検診結果を報告していて、「ヘモグロビンは1ヶ月で1%減り、目に見えて改善されてきました」という報告をチームにしています。一緒のチームで食事療法・運動療法を頑張ってる方が結果も出たとなると、結果出た本人はもちろん、一緒に頑張っているチームメンバーも嬉しくて、「しっかり運動療法・食事療法を続けたら結果出るんだ」、「じゃあ私も結果出るかもしれないから頑張ろう!」という形で、他人の結果を一緒に応援できてかつ、自分事のように思えて自分も頑張れるという相乗効果も出てきています」

関根 :「いいですね。自分だけではなく、みんなも頑張ろう!となるしモチベーションにもつながりますし、素敵です。」

治療方法は必ずお医者様に。みんチャレはそのお手伝いをします。

関根 :「エーテンラボさんは糖尿病治療のために指導やアドバイスをしているのでしょうか?」

長坂 :「みんチャレのアプリの中では、ユーザーさんに対して一切指導やアドバイスを行っていません。糖尿病治療に関することは必ず主治医と相談していただいております。患者さん個別の治療方針があると思いますので、主治医と相談のもと行なってくださいというコミュニケーションをしています」

関根 :「誤った治療方法をしてしまうことはなさそうですね。」

みんチャレはなぜ続く!?習慣化が可能になる仕組み

関根 :「糖尿病の治療に限らず、習慣化についてですが、「みんチャレ」だと継続ができるようになる仕組みについて詳しく教えていただけますか?」

長坂 :「人は1人では変わることはできないと私は考えています。意志の力だけで変わるってなかなか難しい部分があります。そこで、「周りの人がみんなやっている」という環境が揃うと、自分も自然にやるようになるという環境を作ることが大切で、みんチャレも同じ目標の人が同じチームに入ることで習慣化する環境を作ります」

長坂 :「もう1つは目標を設定するのですが、「目標達成した」「目標に近づいてる」と感じるまでに習慣を始めてから結構時間がかかる場合があります。その中で、細いフィードバックが毎日あるというのが、みんチャレの習慣化の仕組みです」

関根 :「頑張っている事を周りから反応がもらえると嬉しいですよね!」

関根 :「今回は『糖尿病治療のために生活習慣を変える!!凄いアプリをご紹介!!』というテーマでした。」

関根 :「このアプリは匿名で利用でき、プライバシーも守られ、糖尿病の方達の相談する場を提供できているのですね。こういった場があることで、利用者の心の持ち用が変わってくると思いました。」

長坂 :「糖尿病や高血圧等の生活習慣病の方の治療継続にぜひ「みんチャレ」を使っていただきたいと思っております。効果を出すために1つ付け加えると、実は人はコミットメントがあった方が効果が出ます。お金を払うというところも1つのコミットメントであり、月額500円の「みんチャレプレミアム」という会員になった人たちの方が、達成率が高い傾向があります。習慣化の成功率が高くなっていますので、是非「みんチャレプレミアム」もお試しいただいて、自分自身の食事療法・運動療法など、様々な目的のための習慣化に使っていただければと思っております。」

関根 :「本日はありがとうございました。」

▼今回のゲスト、エーテンラボ株式会社さんの情報は下記をご確認ください。

エーテンラボ株式会社 概要

社名エーテンラボ株式会社
代表名長坂 剛
住所東京都渋谷区恵比寿1-8-5 東洋ビル 3階
URLhttps://a10lab.com/

ピックアップ記事

関連記事一覧