• HOME
  • Category Top
  • 取材動画
  • 女性だからこそ知っておくべき自分の体、ライフワークバランスを見つめ直すには|株式会社F Treatment

女性だからこそ知っておくべき自分の体、ライフワークバランスを見つめ直すには|株式会社F Treatment

取材動画
※本記事はBiz9(現NayutaTV)で制作した取材動画をNayutaTVに移行したものです。

様々なビジネスを動画で紹介する Biz9

今回のテーマは「女性だからこそ知っておくべき自分の体、女性がライフワークバランスを見つめ直すには?」です。

本日お話をお伺いするのは、卵巣年齢チェックキット「F check」を提供されている株式会社F Treatmentの白さんです。

※以下、動画内容をテキスト化しております。

家でスマホで卵巣年齢がチェックできる

関根:「今日は女性がライフワークバランスを見つめ直すにはというテーマでお話をお伺いするんですけれども、卵巣年齢チェックキット「F check」というのはどういったものなのですか?」

白:「自宅で全部完結するもので、自分の体の中にどれぐらい卵子が残っているかを知るための検査ができるものです。やり方は非常に簡単でキットの中の針を指先にちょっと刺して取った血をラボに送ってるだけです。結果はスマホで全部見ることができます。ワークライフバランスを考えるための材料として使ってもらえたらなと考えているそんなツールです。」

関根:「自宅でできるというのはすごく手軽だなと思うのですが、やはりそういうところは重視していらっしゃったのですか?」

洞:「そうですね。いろんな方いらっしゃる中で特に働いている方は時間が限られていると思うので、そういった方々でも本当に使っていただけるようにというの意識して作りました。あとセンシティブなテーマでもあると思うので、あまり他の人に見られたくないという方もいると思い、スマホで見れるようにしよました。小さい会社にとってはその取り組みは大変だったのですが、そこだけはこだわって必ずスマホで見れるようにしました。このサービスのこだわりのポイントでもあります。」

関根:「このこのチェックキットを使った検査で何がわかるのでしょうか。」

洞:「この検査でわかるものは、女性の体の中にある卵子の数がどれぐらい残っているかその目安です。この検査は不妊治療クリニックで行っている検査を自宅でできるようにしたもので、病院に行かないので精度に対して不安を抱かれると思うのですが、病院と同じ精度で検査ができるというところは、こだわっています。」

関根:「私本当に無知で申し訳ないのですが、AMH値というのはどういったものですか?」

白:「女性の体の中に卵巣があります。卵巣の中には原始卵胞という卵子の赤ちゃんみたいなものがあります。これがあるホルモンを発するのですが、そのホルモンがAMH、アンチミューラリアンホルモンです。その原始卵胞、卵子の赤ちゃんがたくさんあるとホルモン値が高く、その数が少ないとホルモン値が少ないです。そのようなホルモンを測ることで卵子の数がだいたいどれぐらいあるのかの目安が分かるものがAMH検査です。」

時間のない人に病院に行くきっかけになって欲しい

白:「妊活をしていてちょっと不安かもって思って病院にすぐ行けるような方であればぜひ行って頂きたいのですが、実際行くのって結構時間取られると思うので、病院に行く時間がない人やちょっと今行きにくいなって人にぜひこの「F check」を使っていただきたいなと思って提供しています。」

関根:「素晴らしいですね。この「F check」が病院に行くきっかけになればいいなと思いました。」

洞:「本当にそうなんです。この検査キット作る時に100人ぐらいの人にインタビューをしました。実際に色々聞いてみると、きっかけが欲しい人がいらっしゃって、そういう人のためにも病院に行かなくてもできる検査キットがあったら良いなと二年前に思いました。そして、それを商品化したものが「F check」なのでまさにそういう風に思っていただければ嬉しいです。」

関根:「忙しい女性だからこそ、きっかけが欲しい方いらっしゃると思うので、多くの方に知っていただきたいなと思いました 。」

関根:「私こういう検査を自分で一人行ったことがないのと、先ほど手に針を刺すとおっしゃっていて怖いなと思ったのですが、具体的にどうやって使用するのですか?」

洞:「そうですよね。実際に針を刺すとなると、怖いかなと思います。しかし意外と簡単で、痛くないです。個人的には注射の方が痛かったです。キットについている針で刺して出てきた血を綿にを湿らす形になります。血液量で行くと0.1 mm とかで大丈夫です。厳密に言うと0.65mm で良いです。その後綿を試験管の中に落として蓋を閉めて、それを全部一式入れて郵送していただく形なので、慣れると10分とか…慣れるのも変ですけど…」

関根:「見た感じ難しい工程がなかったので、簡単だなという印象を受けました。 」

洞:「痛さは表現が難しいところではありますが、取らなきゃいけない量が0.1mm でいいので、それぐらいしか取らなくていい傷を付けることだと思うので、そんなには…」

関根:「日常生活にはあまり支障はなさそうですね。」

白:「そうですね。支障はないです。そこは安心して使っていただけたらなと思っています。」

不妊や妊活は性別の問題ではない

関根:「失礼なお話なのですが、白さんは男性ですが、なぜこのようなキットを考えたのでしょうか?」

白:「不妊や妊活というテーマは女性の問題とか男性の問題という話ではなく、社会的な問題だと思っています。少子化と言われていますが、この妊活とか不妊の話というのは個人の問題では全くなくて、その問題に取り組む時に別の男性とか女性というのはあんまり関係ないと思っています。なのでそういった社会問題に貢献できることに意義がある仕事だと思い「F check」を作りました。子供を望む方々に子供が恵まれるって事はすごい幸せなことだと僕は思っています。やっぱりそういう風に思っている方々にサポートができる仕事っていうのはすごいやりがいのある仕事だと思っているので、そういった意味からも僕としては意義のある仕事だと思って取り組んでいます。」

関根:「すごい素敵な考え方ですね。 」

洞:「最後におまけ的な話なのですが、私自身子供二人いてですね。子供がすごい大好きなんですよ。やっぱりそういう者からした時に子供に恵まれるって事はすごい幸せなことだと思っています。なので、妊活とか不妊というテーマを今抱えられていらっしゃる方々に、なんとかサポート協力させて頂いて、同じように幸せな気持ちになってもらえたら嬉しいなって思いで取り組んでいるというのが青臭いのですが思っていることです。」

不妊や妊活は性別の問題ではない

関根:「年齢を重ねるにつれてお仕事をしながら妊娠を考える女性というのは、やはり年齢的を気にされると思います。個人的な意見ですが、若い方もぜひ使って妊娠を、自分のライフプランを具体的に見ていくことが大事だと思いました。 」

洞:「ありがとうございます。仕事って結構目の前にあるから想像しやすいと思いますが、一方で妊娠とか自分の体の中ってどうなってるかってわからないと思います。それをわからないままで考えていることがもったいないと思っているので、いま自分の体のことを知ってもらいたいし、そのためにこういう「F check」とか不妊治療クリニックに行ってまず自分の体のことを調べていただけたら嬉しいなと思ってます。それを踏まえて仕事どれぐらい頑張ろうとかどれぐらいプライベート優先しようとか両方とも両立している人生みたいなものが社会全体としてその実現できるようになると思っています。」

関根:「素敵だと思います。 お話を伺えて感動しております。 ありがとうございます。」

関根:「本日は、株式会社F Treatmentにお邪魔して、お話をお伺いしました。ありがとうございました。」

▼今回のゲスト、株式会社F Treatmentさんの情報は下記をご確認ください。

株式会社F Treatment 概要

社名株式会社F Treatment
代表名代表取締役 白 正寛
住所東京都港区南青山一丁目一番一号 新青山ビル東館10F
URLhttps://www.f-treatment.co.jp/

ピックアップ記事

関連記事一覧