• HOME
  • Category Top
  • 取材動画
  • 信頼でつながった最強チームを構築⁉️チームの生産性が爆上がりする研修|株式会社リアルジャパン

信頼でつながった最強チームを構築⁉️チームの生産性が爆上がりする研修|株式会社リアルジャパン

取材動画
※本記事はBiz9(現NayutaTV)で制作した取材動画をNayutaTVに移行したものです。
※動画および本稿で紹介されているサービスは取材当時のものです。詳細や新たなサービス等は企業に直接お問い合わせください。

様々なビジネスを動画で紹介する Biz9。

今回のテーマは「信頼でつながった最強チームを構築⁉️チームの生産性が爆上がりする研修」です。

本日お話を伺うのは株式会社リアルジャパンの代表取締役高崎圭悟さんです。

※以下、動画内容をテキスト化しております。

高崎:「こんにちは、高崎と申します。リアルジャパンという会社は研修そしてイベントをやっていまして、今期で8期目になります。人生道場というビジネスや人間関係を学んでいく塾を経営しています。」

地上8メートルのロープの上で研修!?信頼を構築するリバイバル研修とは

渡辺:「今回のテーマは信頼で繋がった最強チームになれる研修ということなんですけども、どのような研修をされているのですか?」

高崎:「この研修は、人間関係を良くすることを通して企業であれば成果を上げること、そして企業だけじゃなくても夫婦関係、パートナーの関係、親子関係を良くしていくことに着目した研修です。」

渡辺:「会社の中だけじゃないんですね。一般的な会社である研修とはどう違うのですか?」

高崎:「一般的な研修は自己啓発研修です。私もたくさん受けてきたのですが、一人のスーパーマンを作るか一人を目標達成の質を高める、コミットメントの質を高めるというものが多いのです。」

高崎:「しかし、リバイバル研修ではチームの関係性を良くして、チームで最大限の結果を作ることに着目した演習です。二泊三日の野外研修というものがありましてそこでは外でアスレチック施設を使って研修をします。その中に信頼関係を構築していくブレイクスルーという研修があります、地上8メートルの高さにワイヤーが2本ありまして、その上に二人で乗る。お互いに信頼して体重をかけあって支え合う研修がありまして…」

渡辺:「下手すると… 」

高崎:「そうですね、下手すると落ちてしまうので相手を信頼して全体重を預けないといけないです。」

渡辺:「根底の人間関係から築いていくという研修なのですね。」

高崎:「そうです。なのでビジネス、仕事だけでなくプライベートでも生きるものになります。」

目標からではなく人間関係から始めるチームの作り方

渡辺:「本来は会社やチームの全員で数日かけて受けるような研修なのですが、今回はその座学部分の一部を体験させていただけるとのことです。高崎さんよろしくお願いします。」

高崎:「ここでは人間関係を良くすると生産性が上がる事をベースにお話していこうと思います。バッドサイクルとグッドサイクルというものがあります。簡単に言うとバッドサイクルというのは組織でこの目標達成しようと目標から始まります。そうすると人間関係ギクシャクしてきます。思考も受け身になって、結果的に成果に繋がらないです。つまり結果が欲しくて目標から始めたのに結局結果が繋がらないっていうことに陥りやすいのです。」

目標達成から入るバッド・サイクル

渡辺:「対してグッドサイクルというのは人間関係から始めるのがポイントです。みんな能動的なチームで楽しくやりがいを持って始められると、自発的に空気が良いのでアイデアもたくさん出て自発的に積極的にチャレンジしたり行動したりという循環になって結果成果が出るようになります。」

人間関係から始めるグッド・サイクル

渡辺:「一般的には、こういうものを作りたいからプロジェクトチームが出来てっていうことになってくると思うのですが、チームを良くしてってところから始まるってことなのですね?」

高崎:「そうですね。プロジェクトチームを作った際にどっちから始まるかが結構ポイントになると思います。じゃあ関係性を良くするにはどうすればいいのかといいますと根本的な脳みその捉え方の違いがあるんだってことを知ることが重要です。」

腕の組み方でわかる思考の違いとは?

高崎:「Why なぜ、How どうやって、What 何を。実は人によってこのどこを強く使っているかが違うんですね。どうやってわかるかというと手の組み方でわかります。腕を組んでいただいて一番下の小指が…」

渡辺:「右手の小指ですね 」

高崎:「腕を組んでください。ぴょこっと出てくる下の手は… 」

高崎:「右手ですね。 」

腕の組み方でわかる思考の違い

高崎:「右右の場合は義というタイプです。僕は勇タイプなんですけれども。とにかくやる。行動が大事。1%でも可能性があればやってみようというタイプです。この誠タイプは計画が大事、きっちり段取りを立てて、何をするにも前もって準備をきっちり行動をして達成することが重要って考えるタイプ。この義が一貫性が大事だったり正義感が強い傾向があるので、テレビとかTwitter見ててこれ悪いじゃんと思うことがありますか? 」

渡辺:「良くないことをやっているとイライラしてチャンネルを変えることありますねそういう許せないと思う傾向があるということですよね。 」

高崎:「そうですね。礼タイプは人間関係とかその場の空気感を大事にするので「その言い方すごい嫌です」とか…」

渡辺:「仲良くしようよみたいな」

高崎:「そうです。感情の感性に優れているのでチームの全体のエネルギーを上げていくには礼タイプが優れている。お互いの違いを生かしてチームワークを強固にしていくという段階がある。それをまず知るというのがベーシックコースになります。」

それぞれのタイプの違いを理解しないとストレスやトラブルの原因に…

高崎:「一例を挙げると、愛のランゲージと言いまして、愛しているよ大事だよって行動に示すの大事じゃないですか。その行動の示し方が実は違った。なのでこれが違うということを理解しないとすれ違いが起こりますよね。愛情表現だけでもこんなに違いがあります。」

高崎:「例えばルールと一言で言っても、誠タイプはルールは守るものと思っているが勇タイプはルールは破るものと思っている。そもそも噛み合わない。」

渡辺:「待ち合わせでイライラしちゃうタイプですね。」

タイプごとのストレスあるある

高崎:「ストレスあるあるをまとめてみました。勇タイプの場合は「部長、こうなんで、こうなんで、こうなんで」と報告されると「長い!結論から言って」ってなりやすい。逆に誠タイプは達成が大事なので「ちゃんとプラン考えて行動しているの?」となる。礼タイプは感情や思いやりを大事にするので、「今の言い方傷つきました」「みんなの空気が悪いと思う」「寂しい思いをしちゃう人がいると思う」「みんな自分勝手に行動して…」みたいなストレスを抱えやすい。義タイプの人は礼タイプの人が楽しくやってるのを見て「真剣にやってよ」みたいな。ありますよね?」

渡辺:「ありますね笑」

高崎:「あとは目的を大事にするので、勇の人がとりあえず行動しているのを見て「何のために動いているのかわかってる?」みたいになりやすいです。これでストレスの原因が大体わかります。」

渡辺:「良くわかります笑」

高崎:「これを知るだけでも、ストレスが減り、トラブルも減るので生産性はだいぶ向上してくるし人間関係もすごく良くなります。その違いを相乗効果で生かしていく、1+1+1+1が50にも100にも1000にもなるという場合があります。先ほどの話を踏まえてこの図を見ると違和感に気づくかもしれないですが、タイプが違うので俺の真似をしろだったりこの通りにやれよっていうのは実は噛み合わないです。そもそも脳の捉え方が違うからですね。」

理想の組織の形はピラミッドではなくピザ!

高崎:「理想的な組織はピザ。ピラミッドを無くして極力フラットに近づけた上下関係が極力ない組織が理想だと僕は思います。そしてその中でも自分の強みを活かしてそれぞれのピースが合わさって一枚のピザが完成する。一人ひとり必要な存在だと、1ピースでも欠けたら売り物にならないですが一人ひとりがこの組織に必要なピースを提供している、一人ひとりが大切な存在なんだっていう概念が重要です。」

理想的な組織はピザ!

高崎:「それぞれの得意なことを組み合わせたら完全になる。義のタイプがビジョンやゴールをざっくり描くのが得意、誠のタイプが計画が得意。礼がみんなができるようにマニュアルを作ったり体系化するのが得意。現場に落とし込むのが得意。勇は実行の人なので「よしじゃあやろう」という。これを組み合わせるとこれをゴールデンサイクルと言います。無限大の形に義から始まって、このフォーマンセルでプロジェクト行うと最も上手くいく。生まれ持ったものを発揮していくチームが実現すると、結果的にみんなが喜びをもってしかもチーム全体で最大限の結果が出ます。」

それぞれの特性をうまく組みわせてつくるゴールデンサイクル

渡辺:「この研修はどのような企業に活用してもらいたいですか?」

高崎:「これまでいろんなフレームワークを試したけどなかなか上手くいかなかった方やそもそも社員に喜びを持って日々仕事をして欲しいっていう企業さん、もちろん成果が欲しい企業さん、パートナーとの関係があまりうまくいってない方に受けてもらいたいです。」

渡辺:「人間関係を良くしたいなと思う方に受けて欲しいということですね。」

渡辺:「高崎さん本日はありがとうございました !」

▼今回のゲスト、株式会社リアルジャパンさんの情報は下記をご確認ください。

株式会社リアルジャパン 概要

社名株式会社リアルジャパン
代表名高崎 圭悟
住所東京都港区三田2丁目17−18
URLhttps://real-japan.jp/

ピックアップ記事

関連記事一覧