動画広告をはじめるには?事前準備することと広告媒体別の費用相場を紹介

動画マーケティング

YouTube、Instagram、TikTokなどSNSで企業の動画広告を見る機会が増えてきました。
これまで動画広告に踏み切れなかった方も、いよいよ始めてみようかと考えているのではないでしょうか。

しかし、動画広告をはじめる際には「広告費用はどのくらいだろう?」「費用対効果はどれだけ出る?」「どんな動画にするといいの?」と気になることがたくさんありますよね。

今回は、これから動画広告を始めたい方に「動画広告をはじめる前に準備すること」と「媒体ごとの広告費用相場」を紹介していきます。

事前準備1:動画広告の目的を決める

まずは、動画広告を使って何をしたいかを明確にしておくことが重要です。
動画広告の目的は、主に以下の3つに分けられます。

  • 認知獲得
  • ブランディング
  • 顧客獲得

マーケターの方にはおなじみのマーケティングファネルでいうと、動画広告は「認知〜購入」までの心理プロセスに該当します。それぞれのプロセスにいるユーザーに対して「何を伝えれば自社のサービス・商品に興味を持ってくれるか、そして購入してくれるのか」を考えて動画を制作しましょう。

ところで「マーケティングファネル」とは?

「ファネル」とは「漏斗」のことです。顧客が購入するまでの心理・意識の遷移を見ていくと、その数は徐々に少なくなり、それを図式化すると漏斗型になるためです。

ちなみに、YouTubeStudioのアナリティクスでもこの図式が採用されており、非常にわかりやすく表示されていますよ。

▼ファネル階層と動画コンテンツの種類

ファネル階層接触機会どのような内容か動画コンテンツの種類
認知広告サービス・企業ブランディング幅広く・多くの人に商品、サービスを伝える内容認知獲得動画ブランディング動画
興味・関心WebサイトLPSNSサービス・企業の特徴を伝える興味を引く内容説明動画
検討WebサイトLPSNS購入を後押しする内容デモ動画事例紹介動画キャンペーン動画
購入・体験WebサイトLPSNSメルマガ新規に購入を後押しする内容再度の購入を後押しする内容ハウツー動画キャンペーン動画新着情報動画

動画広告の目的を決める際のポイントをまとめていますので、こちらの記事もご参照ください。

事前準備2:ターゲットによって媒体を決める

動画の目的とともにターゲットを決めたら、そのターゲットがたくさんいるプラットフォームに広告を配信しなければ、視聴される数も減ってしまいます。それを防ぐために、それぞれのプラットフォームの特徴を知る必要がありますね。

扱うサービス・商品ごとに異なりますが、ターゲット種別と広告媒体は以下のようになります。

ターゲット種別広告媒体例
toCYouTube, Instagram, Tiktok, Twitter
toBFacebook, Twitter

YouTube、Instagram、Tiktok、Twitterは一般消費者が多く利用しており、エンタメ系や化粧品、スポーツなどのコンテンツに興味を持たれる傾向にあります。

Facebook、Twitterは広告運用の際、ターゲティングに優れており、動画広告を配信するユーザーを詳しく設定することができます。

Facebookであれば、IT系の業種で働いている人や役職、興味関心ごとに設定できるため、自社のユーザーに近しいユーザーに対して広告を配信することが可能になり、それだけCV率が上がってきます。

各プラットフォームの特徴を知り、ユーザーに興味を持たれるコンテンツを作成していきましょう。

広告媒体ごとの費用相場は?

みなさんが気になる、各媒体ごとの広告費用の相場をまとめてみました。

※2021年2月時点での情報です。詳しくは各媒体のヘルプをご参照ください。

YouTube

YouTubeは広告スタイルによって課金方法と単価相場が異なります。

広告スタイル広告概要動画秒数課金形態単価相場
インストリーム広告:スキッパブル広告動画の最初・途中・最後などで表示される、5秒でスキップできる広告。※再生回数をカウントするには12秒以上の動画の長さが必要。
CPV課金
動画広告を最後まで視聴したか、もしくは30秒以上の動画広告を30秒視聴した場合に課金される。
3~20円
インストリーム広告:ノンスキッパブル広告動画の最初・途中・最後などで表示される、スキップ不可の広告。6~15秒以下CPM課金
動画広告が1,000回表示されるごとに課金される。
3~20円
TrueViewディスカバリー広告検索結果の一番上や再生中画面の右側「関連動画」などに、動画のサムネイル画像とテキストが表示される広告。CPC課金
ユーザーが広告をクリックすると課金される。
3~20円
アウトストリーム広告YouTube以外のWebサイト内広告枠で配信される。モバイル専用の動画広告で以下の表示方法がある。
インバナーインリードオーバーレイ
CPM課金
広告が50%以上画面に表示されており、その状態で2秒以上再生されると課金される。
0.1~0.5円
バンパー広告動画の最初・途中・最後などで表示される、スキップ不可の6秒以下の動画広告。6秒以下CPM課金
1,000回表示ごとに課金される。
0.3~0.6円

Facebook

Facebookにおける動画広告の課金方法は主に以下の2種。

課金形態相場
CPV課金
15秒以上の再生ごとに課金される。15秒未満の動画の場合には、ほぼ全て(97%程度)を視聴された場合に課金される。
100~150円
CPM課金
1,000回再生ごとに課金される。
500~2,000円

なお、広告の種類は以下の通りです。

広告スタイル広告概要動画秒数
インストリーム広告動画の最初・途中・最後などで表示される広告。
Facebookのオンデマンド動画と一部の承認されたパートナーのライブストリームに表示される。
Facebook:5秒~10分まで
Audience Network:5~30秒
フィード広告動画専用環境で、オーガニックな動画と動画の間に表示される広告。Facebook:240分以内Instagram:1~120秒
ストーリーズ広告ユーザーが投稿したストーリーズとストーリーズの間に表示される広告。Facebook:1~15秒Instagram:1~120秒

Instagram

Instagramにおける動画広告での課金方法は以下の4種。

課金形態相場
CPC課金
広告がクリックされるごとに課金される。
40~100円
CPV課金
10秒以上の再生ごとに課金される。10秒未満の動画の場合には、ほぼ全てを視聴された場合に課金される。
4円~7円
CPM課金
ユーザーのフィードに広告が1,000回再生ごとに課金される。
500~2,000円
CPI課金
アプリケーションがインストールされた回数ごとに課金される。
100円~150円

Twitter

Twitterは広告スタイルによって単価相場が異なります。

広告スタイル課金形態単価相場
プロモツイート目的別の課金方式
広告主が設定した目的を達成したタイミングで課金される。料金はオークションにより決定される。
40~80円
プロモアカウントCPF(コストパーフォロー)課金
ユーザーにフォローされたタイミングで課金される。料金はオークションによって決定される。
40~100円
プロモトレンド1日1社限定の買い切り制
トレンドリストの一番上に表示され、国別に料金が定められている。
400万円~1,000万円以上程度

自社のターゲットと動画の目的にあわせて、広告媒体とスタイルを選んでいきましょう。

動画広告の活用事例

NayutaTVで制作し、広告運用を行った活用事例と結果の一部を紹介します。

株式会社NEO Global Association様

■配信先:Facebook, Instagram
10日間およそ8,000円の広告費用で再生数が2万回を超え、ダウンロードサイトへの遷移はおよそ50件に到達しました。

この動画広告を見た人が何も知らない状態からアプリDLをしてもらうためには、どのようなアプリでDLした後の使用するイメージを持ってもらうためにアプリのデモ画面を用いて端的に伝えることを心がけました。

ハートコア株式会社様

■配信先:Facebook
ブロードにて数日配信ののち類似ユーザーへ配信。およそ5,000円の広告費用でお問い合わせページへの遷移はわずか5日間で100件に到達しました。

この動画広告を見てすぐにお申し込みを取ろう!という目的にはせず、まずは何も知らない人にこのようなサービスがあります。という認知を獲得するために、このサービスで何ができるのか、どのような活用方法があるのかを伝えるようにしました。

最初の1~3秒で興味を持ってもらう

先ほどの2つの動画で共通しているのは、最初の3秒までにどのようなサービスかを一言で分かりやすく説明し、興味を持ってもらえるようにしている点です。

Facebookで広告配信をしたため、ユーザーがタイムラインやストーリーを見るスピードが早く、1~3秒で目を引くような演出を加えこのサービスが何か、パッとテロップ文を見てもらえるようにしています。

動画広告をはじめるポイントは4つ

あらためて、動画広告は以下の4つのポイントを押さえて広告用動画の制作と配信を行いましょう。

  1. 動画の目的を決める
  2. 視聴してほしいターゲットを決める
  3. ターゲットや予算などに適した広告媒体とスタイルを決める
  4. 広告用動画は冒頭の1~3秒で一番伝えたいメッセージを入れる

この中でも特に、ターゲットがどんな課題を持ち、どのようなメッセージが伝われば、その課題が解決されるのかを考えると良いでしょう。

「こういうのが欲しかったんだよね!」と思わせるメッセージが重要ですね。これは、広告文などを考える時も同じです。

広告用の動画制作に特化した制作会社に依頼するのも大切ですね。


企画~プロモーションまで
ワンストップの動画広告

NayutaTVでは、動画広告を手軽にお試しいただけるよう様々なプランをご用意しております。

動画の構成作りに困ったとき、
動画制作コストを抑えたいとき、
広告配信先の選定で悩んだとき、

NayutaTVなら、構成作成と配信先のご相談は無料です。
企画からプロモーションまで、すべて含んだワンストップで手軽に始めていただけるサービスです。
動画広告に関わるお困りごとがございましたらお気軽にご相談ください。


ピックアップ記事

関連記事一覧