デジタルサイネージとは?動画広告配信の仕組みとメリットを詳しく解説

動画広告

駅や店頭など、街中でもよく見かけるようになったデジタルサイネージ。チラシやティッシュ配りなどと比べて、より不特定多数に向けて配信が可能な広告媒体として、導入する店舗も増えています。

これからデジタルサイネージを導入しようとしている店舗の皆さんは、コストや導入方法、広告効果など気になるところですね。

今回はそんなデジタルサイネージで動画広告を配信するメリットなどをご紹介します。

デジタルサイネージの仕組み

デジタルサイネージとは「電子看板」のことで、画像・テキストだけではなく動画も配信できるツールです。大きさはビルなどの壁面サイズといった巨大なものから自販機などに取り付けできる小さなものまで様々です。

屋内・屋外関係なく設置でき、施設の規模に合わせてサイズも選べるため、より多くの人にしっかりと情報を伝えられる広告媒体ですね。

導入する場合にはディスプレイを「レンタル」か「購入」で用意する必要があります。

また、デジタルサイネージはデータの入出力などにより以下の4種類に細かく分類されています。

スタンドアローン型

ディスプレイにUSBメモリやSDカードなどで直接データを取り込んでコンテンツを表示する方法です。ネットワークにつなぐ必要はなく、導入が簡単で情報漏洩のリスクも低いのが特徴です。

ただし、コンテンツの更新にはSDカードなどデータ自体を更新しなければいけないため、ネットワークに繋がれている他の種類よりも更新に少々時間がかかります。

導入時には更新頻度などスケジューリングに注意しましょう。

ローカルネットワーク型

有線・無線LANなどでネットワークに繋がった型です。スタンドアローンとは違い、インターネットに繋がっているため、コンテンツの更新が容易です。

また、どこからでも操作が可能なため、複数のディスプレイを一つの場所から操作・更新ができるのも特徴です。

クラウド型

インターネットに繋がっており既にあるクラウドサービスを利用してコンテンツを表示する方法です。もしサーバー側に問題が起きた場合はサービス管理側で対応してくれるためサーバー管理の手間がかかりません。

ただし、クラウドサービスが終了するとコンテンツの表示もできなくなるため、長期で利用する場合には注意が必要です。

インタラクティブ型

インタラクティブとは「双方向で情報をやり取りする」という意味合いから、ただコンテンツを配信して一方的に視聴させるのではなく、視聴側も操作などが可能な型です。ディスプレイ自体にタッチパネルやセンサー機能が搭載されている最新型ですね。

視聴側が選んで配信内容を変えることができるため、本当に欲しい情報を届けられるというメリットがあります。ただし、最新型であるためコストは割高です。

導入する際には、コストだけではなくコンテンツの更新頻度などの運用面も検討したうえで、適切な型を選びましょう。

デジタルサイネージを使った広告配信のメリットとデメリット

デジタルサイネージをはじめて導入する店舗のみなさんは「デジタルサイネージで広告を出して効果があるの?」と疑問に思う方もいますね。では、デジタルサイネージで広告を配信するメリットやデメリットを見てみましょう。

メリット1:視認性が高いため多くの人に見てもらえる

冒頭でも触れたように、今や街中で見ないことはないというほど、たくさんの場所で見かけるようになりました。特に繁華街や駅など「不特定多数の人が集まる場所」により多く設置されているため、より多くの人にアプローチできます。

そして、デジタルサイネージの特徴の一つとして静止画だけではなく、音楽や動画も配信できるため通常の掲示物よりも目に留まりやすく、一度の配信でも複数の人に発信できるのが大きなメリットです。

メリット2:設置場所に制限がほぼない

デジタルサイネージは街頭のLEDビジョンのように大きなものから、駅や空港などの人と同じくらいのサイズ、店頭や街中であればテレビサイズ、店内やタクシーであればタブレットサイズなど様々ですね。

多種多様なサイズ展開から設置場所も自由度が高いことはメリットの一つです。

メリット3:貼り替えの手間がない

デジタルサイネージはデータでのコンテンツ管理のため、ポスターや看板などのように物理的に貼り替えや設置のし直しといった工数がかかりません。

配信内容を変更したい場合はデータの入れ替えを行うのみとなるため、パソコンで内容を書き換えUSBメモリやネットワークを介してディスプレイに表示するだけなので比較的簡単ですね。


デメリット:費用対効果が見えにくい

メリットがあれば、デメリットがあるものですね。

デジタルサイネージも多分に漏れず、不特定多数にアプローチできる反面、実際に効果があったかを計測することが難しいというデメリットがあります。

ですが、最近ではAIを利用した映像解析などにより「通行人数」や「視聴数」などの計測もできるデジタルサイネージなども登場しております。

デジタルサイネージ動画を作る時のポイントとは?

せっかくデジタルサイネージを導入しても配信するコンテンツで悩んでしまう方も多いはず。メリットをもとに、どのような動画コンテンツを配信すると良いのかを解説していきましょう。

まずはメリットから見える決めておくべきポイントを押さえておきましょう。

  1. 視認性が高いため多くの人に見てもらえる
    誰でも見られるため、ターゲットの明確化と目に留まるコンテンツが必要ですね
  2. 設置場所の制限がほぼない
    設置する場所によってターゲットに届くのか、サイズによって作成する動画のアスペクト比などが変わりますね。
  3. 貼り替えの手間がない
    データを使えるということは、例えばYouTubeやSNSで配信した動画も利用できるということですね。

上記のようにメリットを活かすにはどんな動画作成ポイントがあるか、まとめてみました。

ポイント1:ターゲットを明確に決めておく

店舗に実際に来店する顧客やこれから増やしていきたい顧客など、ターゲットを明確にしておくことは動画作成だけではなく経営・営業戦略で非常に重要ですね。

年齢、性別、職業などターゲットとなる人の特徴を書き出しておきましょう。

ポイント2:通行人の目に留まる構成を

公共の場所に設置した場合は不特定多数の人が見るため、少しでも通行人が足を止めて映像を見てもらえるようにすることが重要です。

そのためには動画にインパクトを持たせましょう。

例えば、有名人を起用したり、音楽で気を引いたり、文字サイズやシーンの切り替えなどで視覚的に刺激を与えるなどの工夫が必要です。

また、YouTubeやSNSなどの動画広告とは違い、公共の場所でのデジタルサイネージ広告は必ずしも最初から見てもらえるわけではありません。ふと見たときに一番伝えたい重要な部分が目に留まりやすくなるよう、テレビショッピングのように短い間隔で必要なことを繰り返し伝えていきましょう。

ポイント3:設置場所を意識する

ターゲットと設置場所によって動画内容を検討する必要があります。

例えば、先ほどのポイント2でも触れたように人通りが多い場所なら動画を短くし、外国人観光客の多い場所では英語字幕を付けると良いでしょう。

ポイント4:縦型・横型と画面サイズを意識する

デジタルサイネージには縦型、横型の2タイプがあります。活用方法によってどちらを使用するかを検討しましょう。

例えば、店頭に看板の代わりとして活用する場合には縦型で、通行人の目線にあわせて設置すると良いでしょう。外壁や店内の壁面に設置する場合には取り付けのしやすさと、多くの動画が横長の16:9のアスペクト比で作られていることから横型を選ぶのがおすすめです。

デジタルサイネージを集客に役立てよう

デジタルサイネージ用の動画を制作会社に依頼する場合には、実績がある制作会社を選び、デジタルサイネージの規格(アスペクト比や解像度など)もきちんと伝えておくとより質の高い動画広告となるでしょう。

導入・動画を作るポイントをおさらい

  • ターゲットは誰か?
  • 設置予定場所で視聴者が見やすいサイズは?
  • 動画にインパクトはあるか?(立ち止まって見てもらえるか?)

導入コストは少々かかりますが、チラシのポスティングやティッシュ配布、WEB広告等と違ったアプローチができることは集客効果を高めることにつながりますので、ぜひ検討してみてください。

デジタルサイネージの最新事例「新宿東口の猫」

SNSで話題の「新宿東口の巨大猫」は3D映像を使った最新のデジタルサイネージの事例は、以下の記事で詳しく解説しています。

NayutaColumnへのお問い合わせはコチラ


◆お知らせ

LINE公式アカウントをはじめました!最新記事の公開情報など好評配信中です!
友達登録お待ちしております。QRコードの読み取り または 下のボタンから登録可能です。

友だち追加

ピックアップ記事

関連記事一覧