最初の5秒が決め手!YouTube動画広告で視聴者を掴むコツと構成ポイント

動画広告

毎月20億人がアクセスしているYouTube。動画広告を検討する人にとって欠かせないチャネルです。

ところが、視聴者は動画の最初や最後、もしくは動画の途中で流れてくる広告にあまりいいイメージを持っていません。「うざい」「不快」「怪しい」という印象を与えてしまうと、開始から5秒でスキップされてしまいます。

つまり、Youtubeの動画広告は「最初の5秒」が決め手ということです。最初の5秒をユニークに演出し、視聴者の興味を引くことができれば最後まで動画を見てもらいやすくなります。

今回はYouTube動画広告「最初の5秒」で視聴者の心を掴むコツ、構成ポイントを紹介します。同時にYouTube動画広告の種類について復習しましょう。

「最初の5秒」が大事な理由

じつは、YouTube動画広告で最初の5秒が大事な理由は、スキップへの懸念だけではありません。近年では、増え続けるコンテンツが私たちの集中力を妨げる原因にもなっています。

2012年にAP通信が実施した調査によると成人の集中力は平均8秒とのこと。ちなみに、比較対象の金魚は9秒です。残念ながら進化に反して低下するのは仕方のないことなのでしょうか。

したがって、動画の始まりとともに興味を抱いてもらうことが重要です。多くのブランドは1つの動画でひとつのことを言い、5秒という短い時間に全力を注いでいます。

YouTube動画広告の種類は3つ

YouTubeで動画を見るときに流れる広告は、大きく分けて3種類あります。はじめにそれぞれの動画広告の特徴と、どんなときに利用するのか紹介します。

TrueView「インストリーム広告」

TrueViewインストリーム広告とは、視聴動画の前後や途中に再生される広告です。動画形式で掲載され、長さに規制はありません。

Google動画パートナーサイトで掲載したい場合や、動画広告にストーリー持たせてPRしたい企業におすすめです。

True Viewインストリーム広告は、5秒視聴後にスキップ可の広告と、スキップ不可の広告があります。スキップ不可なら動画広告をスキップされることはありませんが、視聴者にマイナスイメージを与えてしまうリスクもあります。

TrueView「ディスカバリー広告」

TrueViewディスカバリー広告とは、YouTubeの検索結果一覧や関連動画の上に表示される広告です。視聴者がクリックしない限り再生されません。

ディスカバリー広告は動画広告の自動再生というネガティブなイメージを避けられるため、サービスの利用やアクションを求める際におすすめです。

バンパー広告

バンパー広告とは、動画の長さを6秒以下に設定することで配信できるスキップ不可の広告です。掲載タイミングは動画の前後や再生中になります。

簡潔なメッセージを伝えたい場合、リーチを増やしたい場合など、ブランドの認知度をあげる目的で利用するのがおすすめです。

各広告の概要と規格は、こちらの記事で解説しています。あわせてご覧ください。

YouTube動画広告の規格とメリット・デメリットとは?制作ポイントも解説

最初の5秒で視聴者を魅了する動画広告5つのコツ

YouTubeはエンターテインメントでありながら、インテントプラットフォーム(意図や目的のあるサービス)でもあります。多くの人は無料で利用しているため動画広告にも理解を示しています。

だからこそ、動画広告に必要なのは視聴者を魅了することです。明るい音楽、問題提起、ユーモアのあるクリエイティブなど考えられるアイデアをいろいろと試します。

直近では、新垣結衣さんが「ちょっと待って!スキップしないで!」と冒頭で訴えるアサヒ飲料「十六茶」のYoutube広告が話題になりました。ちょっとずるい気もしますが、効果的なアイデアですよね。

このように動画広告は「見せる」ことを心がけて最初の5秒で視聴者の目を引く構成にしましょう。

  1. ターゲットを明確にする

動画広告のターゲットを明確にすると、視聴者からの支持を得やすく「まるで自分のことのようだ」と共感してもらえます。

例えば、「痩せたいのに運動する時間がない、続かない…」「広告費をかけたくないけど売上を伸ばしたい!」などターゲットが共感しやすいメッセージは訴求力が高いといえます。動画の冒頭で伝えることで、フックのある動画広告になります。

YouTube動画広告はターゲットを細かく絞れるため「都内」、「猫好き」「女性」、「子供の頃の思い出を大切にしている」など、提供する商品やサービスと視聴者の条件を合わせましょう。

2.シンプルな動画構成に

ブランドロゴやサービス名を冒頭で主張するシンプルな動画広告は、どこか印象深くて記憶に残ります。情報量が多すぎると印象に残らないため、ブランド名をシンプルに伝える工夫は効果的です。

これはプライミングといった手法にも当てはまり、最初に見聞きした情報が次の行動に無意識に影響を与えるという心理作用を応用するものです。

例えば、「マクドナルド」というロゴを最初に見たとすれば、無意識に思い浮かべるのは「ハンバーガー」や「ポテト」などではありませんか?

もし、その場で関心を持てなくても、後にポテトが食べたくなったときに、無意識的にマクドナルドを選択する可能性は高くなります。

3.動画に音声やテロップを付ける

動画広告に音声やテロップを付けることは効果的です。YouTube動画の再生中でも、視聴者はつねに画面を眺めているわけではありません。

料理しながら、運動しながら、ゲームしながら、他ごとをしている可能性も考慮しましょう。そんなとき、動画に音声(ナレーション)があれば、多忙な視聴者の耳にも届けられますね。

ナレーションを必要としない広告にはノリのよい音楽や効果音で代用します。テロップにおいては、特定の音を聞き取りにくい人への配慮を心がけましょう。

4.ニーズと問題点に訴求する構成を練る

視聴者の注意をひくのに有効なのは、ニーズと問題点の両方に訴求できる構成を練ることです。このとき、どちらか片方だけではなく、一度に両方を補うメッセージを考えるのがポイント。

例えば、「チョコレートが食べたい」という要求の裏に、「実は疲れが溜まっている」という問題点が隠れているとします。

そこで、チョコレートだけを渡す場合と、「いつもお疲れ様」と書いたメッセージカードを同時に添える場合では、後者の方が感情に深くささりますね。

動画制作のときも、それと同じ要領でアイデアを出していきます。構成がしっかりしていると効果の出やすい広告に仕上がります。

5.動画広告の適切なトーンを考える

トーンとは、色調、音調、調子などのことです。最初の5秒を過ぎても、つい見てしまう動画広告は適切なトーンで表現されています。

逆に過剰な演出や誇大広告、事実を誤認させてしまうような動画広告は「不快だ」「怪しい会社だ」とマイナスの要素を与えてしまいます。

ユーモアは必要ですが個性や特定の志向を攻撃するような広告は不快です。常にコンプライアンスを意識するようにしましょう。

YouTube動画広告の成功事例

最後にYouTube動画広告の成功事例を3つ紹介します。インストリーム広告やバンパー広告の事例ではありませんが、どの広告も効果的な手法を用いて制作されているので、ぜひ参考にしてみましょう。

  1. 動画広告の他社事例/花王

音声やテロップを上手に活用した事例。「ラクラク!〜やってみた!」のようなYouTube動画の風潮を活かしたフックから、歌や映像で悩み解決に導きます。

販促を目的としたシンプルな広告なのに、豊富な手法が詰め込まれています。商品の使い方を教えることで購買意欲も高まりますね。

2. 動画広告の他社事例/GUCCI

プライミング手法を用いた事例。ブランドのGUCCIは映画の予告編のような演出でコレクションを紹介し、さらなる認知獲得に臨んでいます。

このとき、動物を保護する慈善団体と提携したため、自然との関わりをファッションテーマに持たせて発表。動画もそれにあわせて構成しています。

3. 動画広告の他社事例/IKEA

適切なトーン設定の事例。インテリア家具で有名なIKEAは、最初の5秒でブランド想起しつつも、なぜ印刷なのかという謎めいた動画広告を作っています。

じつは、こちらベビーベットの割引を訴えるための広告でした。妊娠検査キットを使ったときのように浮かび上がるプライスがとてもユニークです。

まとめ

YouTube動画広告は「最初の5秒」で視聴者の心を掴むことが大切です。そして、動画制作に明確な目的を持つこと、構成をしっかり練ることで広告を最適化させましょう。


企画~プロモーションまで
ワンストップの動画広告

NayutaTVでは、動画広告を手軽にお試しいただけるよう様々なプランをご用意しております。

動画の構成作りに困ったとき、
動画制作コストを抑えたいとき、
広告配信先の選定で悩んだとき、

NayutaTVなら、構成作成と配信先のご相談は無料です。
企画からプロモーションまで、すべて含んだワンストップで手軽に始めていただけるサービスです。
動画広告に関わるお困りごとがございましたらお気軽にご相談ください。


ピックアップ記事

関連記事一覧