動画製作者必見!SNS等の媒体ごとで定められた適切な規格とサイズ一覧

動画マーケティング

近年SNSを使ったマーケティングで重要な役割を担っている動画コンテンツ。

動画コンテンツは、SNS等の媒体ごとに適切な規格とサイズがあり、これらを押さえた動画コンテンツを使うことで、ユーザーに魅力を効果的に伝えることができます。

また、ポイントを押さえることで、更なる効果が期待できるでしょう。

これから動画コンテンツを制作する方に、今回は各媒体での適切な動画サイズなどをご紹介していきます。

動画サイズは「解像度」と「アスペクト比」で決まる

動画サイズとは画面の大きさのことですが、この動画サイズを決める要素には「解像度」と「アスペクト比」という2つがあります。

「解像度」が動画の “ 美しさ ” を決める

解像度はピクセルという単位で表されます。これは画面上にどれだけのドット(画素)が並ぶのかを指します。つまり、解像度が高いほど多くの画素が並ぶため、画質が綺麗になるのです。

よくカメラやスマートフォン、パソコンの画面性能などで「○○万画素」といった表現をするのも、この解像度のことを表しているのです。

ただし、画素が多いということはそれだけデータ容量も多くなるということでもありますので、多ければ多いほど良いというわけではありません。

「アスペクト比」は動画の縦横比率

YouTubeなど多くの動画は横長ですね。その際の基本的なアスペクト比は、4:3(スタンダード)や16:9(ワイド)が主流となっています。

もちろん、各媒体によって適切なアスペクト比は異なり、動画コンテンツのアスペクト比がそのSNSの指定から外れている場合は、動画が引き延ばされてしまったり、画面の途中で切れることもありますので、しっかりと確認していきましょう。

一般的な動画サイズと解像度とは?

一般的に動画メディアやプラットフォームでは以下のサイズと解像度に対応しています。

動画サイズ解像度(横幅×高さ)概要
4K(2160p)3840×2160非常に高い解像度のサイズ。YouTubeなど動画プラットフォームの多くが対応しています。
2K(1440p)2560×1440タブレットでよく使用される動画サイズです。
フルHD(1080p)1920×1080動画メディアではこのサイズまで対応している場合が多く、Blu-rayもこの動画サイズに対応しています。
HD(720p)1280×720一般的にこのサイズ以上を「高画質」と呼びます。YouTubeでは主流の画質ですね。
SD(480p)854×480アナログ放送やDVDが対応している動画サイズで一般的に「標準画質」と呼びます。

SDより小さい解像度の場合には「低画質」と呼び、ストリーミングの読込は早いものの、画質が荒く、拡大してしまうとモザイクがかかったように見えてしまう場合もあります。

できる限りHD以上で制作するのが良いでしょう。

各媒体ごとの適切な規格とサイズ一覧

一般的な動画サイズを確認していただいたところで、次は各媒体ごとに適切な動画の規格とサイズを見てみましょう。

YouTube

アスペクト比16:9
※他アスペクト比でも視聴デバイスに合わせて自動的に最適化されることが多い
動画サイズ3840×2160
2560×1440
1920×1080
1280×720
854×480
640×360
426×240

Twitter

アスペクト比16:9
1:1
動画サイズ1280×720
720×1280
720×720

Instagram

アスペクト比1:1
1.91:1
4:5
動画サイズフィード
600×315
600×600
600×750

ストーリーズ
1080×1920
600×1067

Facebook

アスペクト比フィード投稿
4:5

Facebookストーリーズ
9:16

動画カルーセルフォーマット
1:1

インストリーム動画
16:9
動画サイズ1920×1080
1280×720

LINE

アスペクト比16:9
1:1
9:16
動画サイズアスペクト比16:9
240×135~1920×1080

アスペクト比1:1
600×600~1280×1280

アスペクト比9:16
125×240~1080×1920

TikTok

アスペクト比9:16
1:1
16:9
動画サイズアスペクト比9:16
720×1280以上

アスペクト比1:1
640×640以上

アスペクト比16:9
1280×720以上

動画の推奨サイズを守らないと効果が減少する

動画はSNS等の媒体ごとに、適切なサイズが定められており、サイズが違うものは無理やりエンコードされてしまいます。

例えば、動画の適切なサイズに対し画面が小さすぎる動画を投稿した場合、動画の画面サイズが無理やり大きくされ、画質が荒くなります。

画質の悪い動画は、ユーザーが内容をきちんと見ることができず、良い印象を持ちません。

ヘルプ等も確認しながら、動画の推奨サイズをきちんと守りましょう。

動画の効果を上げる2つのポイント

動画のサイズを適正化するのは最低限しておきましょう。さらに2つのポイント押さえることで、より動画の効果を上げることができるでしょう。

インパクトのあるサムネイルで視聴者を惹きつける

サムネイルは、最初に視聴者の視界に入るもので、視聴者はサムネイルの良し悪しによって動画を視聴するかどうかを決めます。そのため、サムネイルが魅力的であれば視聴されやすくなりますし、逆にサムネイルの完成度が低いと動画を開いてすらもらえません。

特に今はネット回線が軽くなるにしたがって、ユーザーのファーストインプレッションが短くなりつつある、と言われています。

そのため、インパクトのあるサムネイルを作りこまないと、どんなに素晴らしい動画コンテンツを作っても、そもそも動画を見てもらえません。

サムネイル制作は、時に動画制作よりも力を入れる必要があるかもしれませんね。

動画にストーリー性を持たせ視聴者の記憶に残す

人間の脳は、ストーリーを信じやすく、共感を求める傾向があります。

そして、ストーリー性が高いものほど記憶に残りやすいのです。

そのため、ユーザーの共感を得られるストーリー性を持たせ、記憶に残しましょう。

多くのSNSでは、短尺の動画が好まれる傾向がありますが、その短い時間でいかにストーリー性を持たせられるかが、分かれ道となりそうですね。

まとめ

SNS等の媒体ごとに適正な動画サイズと、動画の効果を上げるポイントをご紹介しました。

SNSでの動画コンテンツ施策は、これまでとは違ったターゲット層にもマーケティングの幅を広げられる可能性がありますので、ぜひ活用してみたいですね。

なお、動画制作に困った際には、過去記事もご参照ください。


企画~プロモーションまで
ワンストップの動画広告

NayutaTVでは、動画広告を手軽にお試しいただけるよう様々なプランをご用意しております。

動画の構成作りに困ったとき、
動画制作コストを抑えたいとき、
広告配信先の選定で悩んだとき、

NayutaTVなら、構成作成と配信先のご相談は無料です。
企画からプロモーションまで、すべて含んだワンストップで手軽に始めていただけるサービスです。
動画広告に関わるお困りごとがございましたらお気軽にご相談ください。


ピックアップ記事

関連記事一覧