愛のある広告、優しさのある広告とは?動画広告のコンプラを遵守しよう

動画マーケティング

最近、YouTube動画広告でも見かけるようになった「不快な広告」。ダイエットや脱毛など、個人の特徴をあたかもコンプレックスであるかのように誇張表現し、商品購入を促します。

残念ながら、なにも問題ではないことを、問題であるかのようにおしつける広告には相手の気持ちが見えていません。そもそも今の社会風潮で、個性を攻撃するのは時代遅れ。

では、多くの常識あるマーケターに「なぜ」このような話題を取り上げるのか。それは、誰しも気づかぬうちに該当してしまう恐れがあるからです。

例えば、キャッチコピーをたくさん作り、どれに反応があるかをテストしていたら表現が過激になっていたという可能性も否めません。

一方、「愛のある広告、優しさのある広告」とはなんなのか。今回は動画広告や動画コンテンツのコンプライアンスを守ろうというテーマでお届けします。

コンプライアンスに違反する不快な動画広告

視聴者にとって不快な動画広告、動画コンテンツとは何か。具体的な内容と、不適切な表現が招く危険性についてお話しします。

脱毛・ダイエット系の漫画を用いた動画広告

太っているから、毛深いから、自分と違う見た目をしているから。不快な動画広告は、異なる個性に対して、まるで問題でもあるかのように煽ります。

・ダイエットしないから周りの目が気になる、サプリを飲めば痩せられる

・体毛が濃いと会社で噂される、なので脱毛はおすすめ

・肌荒れがひどいと恋人に振られる、この洗顔フォームならキレイになる

実は、こういったものは「コンプレックス商材」と呼ばれ、動画広告に限らず、他の広告やWebコンテンツなどにも使われる古い手法です。

使い方を間違えると景品表示法や薬機法に抵触するだけでなく、人の心を深く傷つけ将来を奪ってしまうことにもなりかねません。

もし、太っていることをコンプレックスに感じている小学生が目にしたら、「太っているのは悪いこと」だと間違った認識を持つことだってあるでしょう。集団心理の働きやすい学校では、いじめの対象となる危険性を孕みます。

コンプレックスを助長するストーリーを用いた動画

動画コンテンツにストーリーを持たせる場合も注意しなければなりません。表現の仕方ひとつで不快な動画に仕上がります。

例えば、「ダイエットに失敗、恋人に振られ、人の視線が怖くなった」といったストーリーならどうでしょう。不愉快でマイナス思考を強要しているように感じます。

物語は人の心を動かし、深く記憶に残るものです。みなさんも、好きな漫画や本を思い浮かべてみてください。いい意味で心を動かされ、価値を感じるからこそ続きを購入したいと思いませんか?

人の性質にターゲティングをあわせること自体は間違いではありませんが、そこで見つけた要素をコンプレックスに関連づけるのは問題です。

人の特徴や価値観は多様なもの。そのことを正しく理解する必要があります。

動画広告で不誠実なアピールを続けるとどうなるか

マーケターとして知らなかったでは済まされないコンプライアンス対策。経営においてのコンプライアンス遵守とは、粉飾決算や不祥事のみを指すものではありません。社会問題やモラルへの配慮も含んでいます。

広告配信のポリシー違反に該当する

2020年9月30日、Yahoo!ではコンプレックスを露骨に表現した広告に対して「出稿禁止」とする審査を開始しました。差別意識を温存するもの、コンプレックスを助長するものに該当すれば、今後は広告配信を利用できなくなります。

また、そういったマイナス思考の強要はGoogleの「ポリシー違反」にも該当します。違反を繰り返すと広告やアカウントが停止し、コンテンツマーケティングの活動範囲も狭まってしまいます。

ビジネスの信頼を失い最終的な利益が減る

これまでFacebookはヘイトスピーチなどの対策に消極的でした。言い換えると、不快な広告を許容して利益を得ていたと捉えられました。その結果、どうなったと思いますか?

2020年、スターバックスを始め、コカ・コーラ、ユニリーバなど、大手企業が次々に広告のボイコットを始めたのです。

中でも、スターバックスは広告掲載トップ10入り(6位)しており、2019年は日本円にして約101億円超える額をFacebookへの広告費に使っていました。

Facebookの不適切な広告問題は、人権団体やメディアから抗議を受けるだけでなく、主要広告主を失って大きなブランド破損につながりました。

個人、企業のビジネスにあてはめても同じことが言えるはずです。人を傷つける可能性のある動画広告を出稿していると、口コミ・評価の批判対象となり、視聴者や消費者を失ってしまいます。

愛のある広告、優しさのある広告ってなんだろう

動画広告や動画コンテンツにも欠かせないコンプラ遵守。それはリスクを回避するだけのものではありません。愛のある広告、優しさのある広告の基盤を作るマーケターの信念にも似た知識です。

広告の愛や優しさとは一体どういうものなのか。

株式会社エレダイ2の熊野さんへのインタビュー内容を用いて、お話ししたいと思います。

【インタビュー動画】Biz9(現NayutaTV)

リポーター:関根万菜

これからの世の中に必要とされることとは?

関根:これからの時代、企業とブランドが考えるべきことは何なのでしょうか?

熊野:統一したテーマを持たせるとしたら「優しさ」だと思う。例えば、日本では男女に対する差別がまだ少なからずある。ジェンダー問題もそうだし、優しさ(心遣い)と、どう関わっていくかがこれから大事なんじゃないかな。

関根:今までの固定概念に縛られず、新しい考え方を生み出していくということですか?

熊野:ものやサービスを売ることを目指しているのに、優しくない事業を展開していると自滅していく。これまでの考え方は「人や環境に優しくするとコストがかかる」だったけど、今は「優しさに投資することで最終的には利益が出る」。そんなサイクルに入ってきた気がする。

優しさへの考え方と取り組み方の注意点

関根:企業やブランドからすると売れるに直結することを考えてしまいがちです。優しさに対して、どのように考えたり取り組んだりすればよいのでしょうか?

熊野:優しさは、売り上げを減らすことじゃない。お客様をいい気分にさせた上で、自社の商品やサービスを伝えることにフォーカスする。(企業としては)グローバルな活動も大切、それと同時にローカルな部分にも目を向けるべきじゃないかな。

キーワードは「優しさ」企業がその姿勢を保つには

関根:優しさや姿勢は持つのが難しいと思います。どうやって持っていけばよいですか?

熊野:誰のためにそれをやろうとしているか、イメージの解像度を高く持つということをまずやらなきゃいけない。事業の体系を再構築してサービスを見直す。その仕組みを作るのが僕の仕事なのですけど、多くの企業を見ていて共通するのは「優しさ」というキーワードだと思います。

▶株式会社エレダイ2様のインタビュー書き起こし記事はこちら

つまり、広告に込める愛や優しさとは?

熊野さんの回答は、今回のテーマを語る際にもぴったりハマる内容でした。では、前述した広告の愛や優しさとはなんだろう。

編集者は「責任感」だと考えます。PRも購買促進も、相手の気持ちを思いやり、または楽しませ、情報に責任を持つ広告には愛や優しさがつまっています。

動画広告は制作して終わりではありません。愛のある広告、優しさのある広告は、視聴者や消費者の満足を得て、はじめて完成するものだと思います。

まとめ

時代に歩みをあわせるという側面に、忘れてはいけない人の心。広告の持つ影響力は大きいものです。マーケターとして、コンプライアンス違反を知らなかったでは済まされません。制作ひとつにしても健全性や透明性を保ちましょう。

動画広告、動画コンテンツの価値観は視聴者と一緒に作るものです。働き方や在り方に自由が推奨される今、「優しさマーケティング」は関わる人をあたたかい気持ちにさせ、最終的に大きなメリットをもたらすでしょう。


企画~プロモーションまで
ワンストップの動画広告

NayutaTVでは、動画広告を手軽にお試しいただけるよう様々なプランをご用意しております。

動画の構成作りに困ったとき、
動画制作コストを抑えたいとき、
広告配信先の選定で悩んだとき、

NayutaTVなら、構成作成と配信先のご相談は無料です。
企画からプロモーションまで、すべて含んだワンストップで手軽に始めていただけるサービスです。
動画広告に関わるお困りごとがございましたらお気軽にご相談ください。


ピックアップ記事

関連記事一覧