動画の埋め込み位置でユーザー行動が変わる!?適切なサイズと位置を徹底解説

動画マーケティング

動画を制作した後、皆さんはどのように活用していますか。

SNSへ投稿する。

YouTubeにアップロードする。

WEB広告やテレビCMとして発信する。

いずれもポピュラーな活用方法ですね。

今回は、そんな活用方法の一つ「ホームページやランディングページへの埋め込み」において知っておくと便利な「最適な位置やサイズ」について解説していきます。

動画を埋め込むメリット

最近ではホームページやランディングページに動画を掲載する企業も増えました。

ですが、動画はただ埋め込まれていればよいというわけではありません。

ホームページやランディングページに動画を適切に埋め込むと、以下のメリットが得られます。

  • ユーザーのサイトの滞在時間が長くなり、SEOに好影響を及ぼす
  • ユーザーからの自社サービスや商品に対しての理解が高まる
  • SNSで情報を拡散できる

しかし、これらのメリットを活かすには、埋め込み位置と動画のサイズを最適に設定していなければ十分な効果を得られません。

動画サイズについて知っておきたい基礎知識

ホームページに動画を埋め込む前に、動画のサイズの基礎知識について把握しておきましょう。

サイズの単位や表し方を理解できれば、漠然としたイメージではなく、かなり具体的に動画サイズについて理解できるようになります。

アスペクト比

アスペクト比とは、縦横の比率のことです。YouTubeをはじめとした動画では、4:3(標準)と16:9(ワイド)のいずれかがスタンダードです。

アスペクト比を変更することも可能ですが、投稿するプラットフォームごとに推奨アスペクト比が存在するため、むやみに変更することは以下のリスクがあるため、おすすめしません。

  • 動画が縮んだり伸びたりする
  • 上下左右に余白が生じる
  • プラットフォームによってアスペクト比が自動調整され、画質が荒くなる

PCやスマートフォン(横向き)には16:9、スマートフォン縦向きは1.1や9:16などが自然なアスペクト比です。

解像度

解像度は、画素数のことであり「ピクセル」という単位で表されます。

<動画で主に用いられる解像度>

  • 1080P(横1920×縦1080ピクセル)
  • 720P(横1280×縦720ピクセル)

※ピクセルとは、映像最小単位の小さな点のことです。数値が高ければ高いほど、きめ細かな高画質の画像になります。特に、PCモニターなどの大型画面で視聴される際には、解像度が低いと視聴者にストレスを与えるケースがあります。

ただし、解像度は高ければよいというものでもありません。

解像度に比例してファイルが重くなるため、高解像度になるとネットワークの速度が遅くなったり、スマホでの閲覧者に重いパケット負担をかけてしまったりするためです。

必要以上に高画質を求めるリスクについても理解しておきましょう。

レスポンシブ対応

レスポンシブ対応とは、画面のサイズに合わせて、動画サイズを自動調整する機能です。動画をレスポンシブで埋め込むことで、スマホやタブレット端末など、幅広いユーザーに対して最適な環境で視聴してもらうことが可能です。

ただし、レスポンシブ化によってホームページが重くなることもあります。

メディア別の推奨サイズは?

メディア別の推奨サイズについて、確認しておきましょう。

※2021年5月の情報です。詳細は各メディアのヘルプもご確認ください。

YouTube

解像度サイズ(幅×縦)アスペクト比
2160p3840×2160ピクセル16:9
1440p2560×1440ピクセル16:9
1080p1920×1080ピクセル16:9
720p1280×720ピクセル16:9
480p854×480ピクセル16:9
360p640×360ピクセル16:9
240p426×240ピクセル16:9

インスタグラム(動画投稿)

サイズ(幅×縦)アスペクト比
600×315ピクセル1.91:1
600×600ピクセル1:1
600×750ピクセル4:5

Facebook(フィード投稿)

Facebookでは公式にデザインテンプレートも用意されていますので、ヘルプセンターをご確認いただくことをおすすめします。

参考:アスペクト比のベストプラクティス

アスペクト比
1.91:1
1:1
4:5
16:9
9:16

Twitter

サイズ(幅×縦)アスペクト比
1280×720ピクセル16:9
720×720ピクセル1:1
720×1280ピクセル9:16

SNSでの情報拡散や集客を狙う際には、ターゲット層が利用しているSNSの推奨サイズを必ず押さえておきましょう。

用途別動画の埋め込み位置とサイズ

前章の内容を踏まえて、最適な動画の埋め込み位置とサイズについてチェックしていきましょう。

ここでの「最適」とは、離脱されることなくユーザーから動画が視聴され、ブランド力の向上や商品の購入などの成果につながる動画を意味します。

コンテンツページ

ブログや商品紹介などのコンテンツの一部として動画埋め込みをする場合は、動画にコンテンツの補完性をもたせることが重要です。ニュースリリースに動画を利用するケースも同様です。

動画での集客や販売促進に意識が集中すると、動画を目立たせたることに意識が集中してしまいます。しかし、「押しつけ」感の強いホームページやランディングページは、ユーザーからネガティブな印象をもたれてしまいがちです。

  • 商品やサービスの理解を高められること
  • 商品やサービスに興味のあるユーザーに対して、必要な情報を届けること

上記の2点を意識して、最もユーザーの理解を深められる位置に動画埋め込みをしましょう。

従って、「必ずページ冒頭がよい」「ページの最後に動画を埋め込むべき」など決まった位置があるわけではなく、ホームページやランディングページのなかでユーザーにとって最も必要な位置に置くことがベストです。

実際の例を見ても、下の図のようにブログコンテンツの途中に動画を挿入しています。

参考:https://www.socialfilms.co.uk/social-media-video-production#_youtube

従来のブログに利用される画像の代わりに、動画がイメージされるようなイメージです。

商品やサービスの魅力を存分に伝えるため、サイズについても画面の幅を十分に使って表示できるようにしましょう。

トップページのブランディング

ブランディングに使用する動画は、インパクトや洗練されたイメージをもたえることが大切です。YouTube動画を使用する場合は、コードを変更しないとYouTubeのロゴが残ってしまうことに注意しましょう。

ブランディングのための動画は、ホームページの上部や最下部など、ユーザーにとってわかりやすい位置が最適です。

参考:https://sff.org/

自社の動画コンテンツを、目次のようにして一覧表示させる手法もあります。

この場合、重要な点はユーザーが知りたいことを知るためにどの情報にアクセスをすればよいのかを表示することです。一つひとつの動画サイズを少なくして、できるだけ画面を動かさずに必要な情報が得られるようにする工夫が求められます。

ただし、一つひとつのサイズを小さくしすぎると、何についての動画なのかがわかりづらくなってしまうため、必要最小限のサイズをクリアしているか否かのチェックは不可欠です。

動画を並べると同時に、それぞれの詳細ページへの動線を設置しておくと、ユーザビリティが高まります。

参考:https://animoto.com/education/classroom

埋め込み動画の効果を高めるための3つのポイント

埋め込み動画の効果を最大限に高めるには、動画コンテンツ自体の作成にも工夫が必要です。この章では、埋め込み動画の効果を高めるための3つのポイントを解説します。

動画にストーリーを持たせる

最適な位置に動画を設置しても、動画の内容が魅力的でなければまったく意味がありません。そして、魅力的な動画であるための大きなポイントは、ストーリー性です。

  • いかにして商品やサービスが生まれたのか?
  • サービスを利用すると、ユーザーにどんな変化が生まれるのか?
  • どのようなビジョンで、企業活動をしているのか?

といったような、ユーザーが思わず親近感を抱くようなストーリーを演出しましょう。

わかりやすいサムネイル

動画を再生してもらうためには、サムネイルをみれば何についての動画なのかがわかるようにしておく必要があります。

ただわかりやすいだけではなく、興味を惹きつけるものであると印象づけできれば、より効果的です。ユーザーの多くは、サムネイルの内容によって、動画を再生すべきか否かをチェックします。

<サムネイルのポイント>

  • 動画の内容を端的に説明したタイトル(テキストは、フォントにもこだわる)
  • 色調やロゴなどのトーンを統一する
  • ホームページ背景との親和性や見やすさを意識する
  • 誇張表現は避ける
  • 動画情報が右下または左下に表示されることが多いので被らないように配置する

テキストの活用と消音設定

ユーザーがホームページを視聴する環境・状況はさまざまです。再生時に音楽や音声が大音量で流れて、迷惑となる場合もあります。

義務ではありませんが、初期設定でミュート設定にしておくのもよいでしょう。同時に、ミュートにしても内容が確認できるように、動画内の字幕や動画内容について説明するテキストコンテンツを用意しておくことで、どこにいても、誰にでも動画を見てもらえますね。

まとめ

ホームページやランディングページに動画を埋め込むと、自社サービスをわかりやすくユーザーに訴求できます。そして、そのメリットを最大限活かすには、動画のサイズや貼り付けの位置の意識も重要です。アスペクト比や解像度などの基本を理解したうえで、ご自身の動画用途にとって最適なサイズを検証しましょう。

また、動画コンテンツはSNSとの親和性の高さも大きなポイントです。拡散を妨げる要因とならないよう、SNSの推奨サイズを理解して、動画コンテンツを作成しましょう。


企画~プロモーションまで
ワンストップの動画広告

NayutaTVでは、動画広告を手軽にお試しいただけるよう様々なプランをご用意しております。

動画の構成作りに困ったとき、
動画制作コストを抑えたいとき、
広告配信先の選定で悩んだとき、

NayutaTVなら、構成作成と配信先のご相談は無料です。
企画からプロモーションまで、すべて含んだワンストップで手軽に始めていただけるサービスです。
動画広告に関わるお困りごとがございましたらお気軽にご相談ください。


ピックアップ記事

関連記事一覧