【実例付き解説】アプリプロモーションには動画が最適な理由とは?

動画マーケティング

高額な費用と手間を費やして作成したアプリであっても、プロモーションをしなければ多くのユーザーに利用されません。

数あるプロモーション方法のなかで、オススメは「動画を使ったプロモーション」です。

アプリの魅力を短時間で伝えられる動画であれば、最大限のプロモーション効果を得られる可能性が高くなります。

この記事では、実例を交えながらアプリの動画プロモーションの効果・注意点・活用法について解説します。

アプリプロモーションに動画を利用する意味・効果

アプリ広告に動画を用いることのメリットを一言に集約すると、ダウンロード数のアップが期待できることです。

とはいっても、動画の効果をイメージしづらい方もいらっしゃるでしょう。まずは、アプリの動画プロモーションのメリットを4点紹介します。

1.多くの情報を伝える

動画広告は、写真のみよりも5,000倍の情報量を伝えられるといわれています。時間・スペースが限られる広告において、動画以上に効率的に情報を伝える手段はほかにありません。したがって、短い時間で効率よく動画を解説したいプロモーションと動画は、相性がぴったりです。

視聴者側も、日常的にYouTubeやインスタグラムなどの媒体で動画CMを見ることに慣れていることも、情報発信の面で重要な要素です。

2.利用方法がわかりやすくアピールできる

アプリのプロモーションは、説明書やチュートリアルを兼ねられるほど、利用方法をわかりやすく伝えられます。動画プロモーションは情報を一連の動きで伝えられるためです。さらに動画の内容をわかりやすくするには、字幕や効果音を活用するのも効果的ですよ。

3.ディベロッパーとしての信頼アップ

アプリのプロモーションがていねいであればあるほど、視聴者に対してアプリの品質の高さをアピールできます。

信頼感を得るために大切なことは、以下の点を意識して動画作成をすることです。

  • 情報をわかりやすく伝える
  • どのような会社が作成しているのかわかるような動画を作成する
  • 動画の質にこだわって作成する(素人作成であることが明らかにわかる低品質な動画は、逆に信用の低下を招く可能性があります)

信頼感が動画のダウンロードにつながるでしょう。

4.SNSとの相性がよい

動画プロモーションが視聴者から「おもしろい」と判断されると、TwitterやFacebookなどのSNSで動画が拡散されることもあります。

動画コンテンツが部分的に切り取られることなくそのまま拡散されるため、意図した情報をそのまま別の多くのユーザーに対して訴求できます。SNSの拡散効果を最大限に活かすには、インフルエンサーやアンバサダーを活用するのもよいでしょう。

アプリプロモーション動画制作のコツ

アプリのプロモーションに動画を使用すると、ダウンロード数の増加やサービスのブランド向上などのメリットがあります。

ただし、作成時にコツ・ポイントを押さえておかないと、効果が十分に得られない可能性があるため、どのような点に注意すべきかについてチェックしておきましょう。

アプリプロモーションの意味を明確化する

アプリプロモーションは、さまざまな用途があり、webサイトやプラットフォームなど使用できるプラットフォームも多岐にわたります。多くのユーザーにダウンロードしてもらうために、アプリのプロモーションが重要であることはいうまでもありませんが、目的を明確化せずに動画を作成しても、望ましい結果は得られません。

アプリプロモーションにおいて、目的に設定したいのは以下のいずれかです。

  • ブランディング
  • 認知度のアップ
  • ダウンロード数の増加

プロモーションの目的によって、動画の方向性やテイストを調整する必要があるため、まずはプロモーションの方向性を設定しましょう。

ターゲットの明確化

マーケティング全般についていえることですが、ターゲットを明確に設定することも重要です。想定されるユーザーに最も「刺さる」情報を届けることで、プロモーションの効果は大きくなり、SNSで拡散される可能性も高まります。

このとき意識したいのは、ブラウザユーザーとアプリユーザーとでは思考や行動が大きく異なることですね。アプリの方が購買や来店に近い傾向があります。その分、興味や疑問の解消のために閲覧されるwebサイトと比較して、高いエンゲージが求められます。さらに、アプリはプッシュ型の媒体であることも、高いエンゲージが求められる大きな要因です。

ターゲット層の年代・地域・嗜好などと、上記のエンゲージメントの必要性を加味して、ターゲットの行動を具体的にイメージしましょう。

広告を出稿する媒体

最適な広告を出稿するためには、媒体の特徴を知ることも重要です。

例えば、SNS一つをとっても、媒体ごとにアクティブなユーザー層のステータスや行動特性は異なります。特性を理解したうえで、媒体を選定しましょう。さらに、媒体にマッチした広告出稿をすることで、効果を高められますよ。

タイミング

落とし穴になりがちなのが、アプリプロモーションをおこなうタイミングです。

アプリのリリースと同時に大掛かりなプロモーションを展開するのがベストだと思われるかもしれませんが、アプリに関しては必ずしもそれが正解とはいえません。アプリの場合、リリースをしたあとに不備が見つかったり、ユーザーにとって利便性の悪い点が見つかったりすることも少なくないためです。

リリース直後に大量のクレームが殺到したり、不備が見つかったりすると、顧客離れや自社のスタッフの疲弊を招いてしまう可能性があります。もちろん、1日でも早くリリースしないと十分な売上や効果が期待できないこともあるため、ケースバイケースで最適な判断をとるようにしましょう。

アプリプロモーション動画の実例紹介

アプリのプロモーション動画は、用途や目的によってさまざまな種類があります。3つの主な具体的方法について解説します。実例も交えて、アプリ活用のポイントを紹介するのでぜひ参考にしてくださいね。

使い方解説

アプリの使い方をデモンストレーションすることにより、ユーザーがアプリの利用を疑似体験できます。短時間でメリットを訴求するには、アプリの使いやすさや機能をビジュアル化して伝えることが重要です。

参考:MOT名刺(株式会社バルテック)

こちらのアプリプロモーション動画では、実際の画面や操作の状況などを紹介し、アプリを導入した時のメリットを視覚的に実感できるように作成していますね。

アプリの概要開設

マニュアル的なものよりもストーリー性のある共感の得られる動画が歓迎されます。例えば、動画内でユーザーの悩みや疑問などにより沿い解決策を提示したり、アプリ利用のメリットや楽しさが伝わりやすい動画を作成したりすることで、アプリを魅力的に伝えられます。

参考:家計簿アプリ「レシーピ!」(大日本印刷株式会社)

こちらのアプリでは、多くのユーザーが共通して抱えているであろう悩みを紹介したうえで、アプリの用途をピンポイントでわかりやすく訴求していますね。女の子の目線でのミニドラマにより「家族」が想像されるようになっていて、ターゲット層に親近感を抱かせる効果を発揮しています。

イメージ映像

動画ならではの効果を最大限に活かして、アプリの魅力をイメージで伝える手法もあります。ダイナミックな映像・音声や最適な効果を用いることで、ユーザーからのイメージを高められます。アプリプロモーションの場合は、使い方やアプリの概要についての説明もある程度必要であるため、イメージと説明とのバランスのとり方が重要です。

参考:WONDERSHARE TECHNOLOGY CO., LIMITED:Introduction Video For FilmoraGo(Japan)

動画編集のアプリですが、臨場感のあるダイナミックな映像を用いることで、視聴者に期待を抱かせる内容になっています。また、字幕や効果音に関してもとても効果が感じられますね。

まとめ

動画を使ったアプリプロモーションは、情報量が多くてわかりやすいことに加え、SNSでの拡散なども期待ができるため、アプリのプロモーションに適しています。ただし、効果的に動画広告を配信するためには、動画プロモーションの目的やターゲットを明確化してから広告を展開する姿勢が必要です。媒体やタイミングの選定なども含め、慎重に検討しましょう。

動画プロモーション作成の際には、記事内で紹介したように種類があります。効果的に活用するには、どのような広告を展開すべき方についてもぜひ参考にしてください。


企画~プロモーションまで
ワンストップの動画広告

NayutaTVでは、動画広告を手軽にお試しいただけるよう様々なプランをご用意しております。

動画の構成作りに困ったとき、
動画制作コストを抑えたいとき、
広告配信先の選定で悩んだとき、

NayutaTVなら、構成作成と配信先のご相談は無料です。
企画からプロモーションまで、すべて含んだワンストップで手軽に始めていただけるサービスです。
動画広告に関わるお困りごとがございましたらお気軽にご相談ください。


ピックアップ記事

関連記事一覧