飲食店のYouTube集客!動画で魅力を伝えるメリットと制作のポイント

動画マーケティング

飲食店の成功のカギを握るのは集客です。従来から集客のため、チラシ・ポスティング・口コミサイトへの情報掲載などさまざまな広告・宣伝手法がとられてきました。

そして、近年飲食店の集客方法として注目されているのが「動画」です。すでに動画を効果的に活用して、売上を増やしている飲食店も存在します。

今回は飲食店が動画を活用するメリット、集客に繋げる動画制作のポイントについて紹介します。

飲食店のYouTube活用が注目されている

インターネット大手サイバーエージェントの集計によると、2020年の日本国内の動画広告市場は2,954億円であり、2024年には6,856億円にも達すると予想されています。企業や店舗の広告に動画が活用される傾向は、飲食店にもあてはまります。

最初に、動画が飲食店にどのように活用されているのかについて、現状をご紹介します。

動画で飲食店をPRする方法

動画を活用して飲食店をPRする方法は、大きく分けて2通りの方法があります。

1つ目は、動画コンテンツを自ら公開し宣伝・広告する方法です。主な発信内容の具体例は以下の通りです。

  • メニューや店内の雰囲気などを撮影して、宣伝資料として公開する
  • まかない食やスタッフの様子などを公開し、ユーザーから親近感を抱いてもらう
  • ご家庭でできるレシピやオススメの調味料など役立つ情報を発信する

2つ目は、インフルエンサーや有名YouTuberに出演依頼をして、店舗を紹介してもらう方法です。

動画を視聴するユーザーが増えていることもあり、どちらの手法も多くの飲食店で利用されています。

動画を発信する媒体・プラットフォーム

動画を投稿する媒体も数多くあります。主なプラットフォームを紹介します。

  • YouTube
  • SNS(InstagramやFacebookなど)
  • 自店のホームページ
  • 有料の動画配信プラットフォーム

プラットフォームごとに利用者層や用途が異なるため、親和性のあるプラットフォームを探すことが集客につながります。

飲食店のYouTube動画活用メリット

飲食店が動画を活用するようになった理由はいくつかありますが、一言でいえば集客に役立つためです。この章では、動画投稿のメリットを4つの観点から解説します。

多くのユーザーに情報を届けられる

最大のメリットは、テキストよりも多くの情報を伝えることができるため、広告としての効果が非常に優れていることです。

アメリカのニューヨークに本社を置く視聴調査会社ニールセン株式会社の調査によると、個人のスマートフォンでの動画平均視聴時間は3時間5分にも上ります(2018年12月時点)。動画の視聴時間は年々増え続けており、過去5年間で4倍も増えています。

YoutubeやTiktokなどの動画共有サイトを使うことで、新たな集客経路を得ることができ、より多くのユーザーへのPRも可能になります。

SNSとの親和性が高い

ユーザーの興味を惹きつける動画は、SNSでシェアされやすいという特徴があります。シェアボタン一つで拡散されるため、効果的に活用すれば大きな宣伝効果が期待できます。。

SNSは活用すべきですが、媒体ごとにそれぞれ最適な動画サイズがあります。事前にることを把握しておくことも大切です。

グルメサイトへの依存から脱却できる

動画が広告として機能するようになると、グルメサイトなどの従来の広告媒体に依存する必要がなくなります。

特定の広告媒体への依存がなくなることで、毎月の広告掲載費を削減したり、広告の成果に左右されず集客できるようになります。

半永久的に利用できる

動画は半永久的に利用できます。

配布後しばらく期間が経過したら見られなくなるチラシなどと異なり、長期的に効果が期待できます。動画を作成するために費用が掛かったとしても、コストパフォーマンスの面でもオススメです。

飲食店が動画制作で注意するポイント

動画制作をする際に、飲食店だからこそ注意すべき点もあります。この章では、特に注意すべきポイントを3点ご紹介します。

メニューや価格の改定に注意

動画でメニューやお店の情報を公開する際には、最新の情報を伝えなくてはなりません。

よくある失敗例は、動画内で紹介しているメニューがすでになくなっていたり、価格が異なっていたりするケースです。内容が一致していないと、動画を見て来店を決めた顧客の満足度が大きく下がります。

動画の内容と店舗のメニュー・商品の情報は一致させるようにしましょう。

低品質な動画は逆効果⁉

動画投稿が、店舗の広告やブランディングにおいて逆効果になることもあります。

  • メニューや店舗が魅力的に映っておらず、視聴者の来店意欲をそいでしまう
  • 調理場などの映り込みにより「不衛生」な飲食店との印象をもたれる
  • 視聴者のターゲット選定を誤ってしまう

これらの失敗をすると、売上が上がらないどころか売上の低下を招く危険性もあります。特に、昨今は一般の方々の衛生意識が高く、調理台が少し乱雑になっていたりするだけでもネガティブな感情をいだかれる可能性があります。

十分に企画案を練って、万全の状態で撮影しましょう。

店内を撮影する際にはお客様に注意・配慮をする

営業時間中に店内を撮影する際には、お客様への十分な配慮が必要です。

  • お客様のプライバシーを侵害しない
  • 撮影の際に、大きな音を立てたり通行の妨げになったりしないようにする
  • 撮影をすることによって、食事の提供やテーブルの片付けなどが遅くならないようにする

原則としては、撮影は営業時間外におこないましょう。どうしても営業時間中にしか撮影できない場合は、絶対にお客様に迷惑をかけないようにしてください。最悪の場合、大きなクレームに発展したり、賠償が必要になったりするリスクもあります。

YouTubeに動画をアップするときのポイント

YouTubeの動画投稿において、具体的に気をつけるべきポイントについてもご紹介します。技術的なコツを把握しているか否かによって、動画のクオリティや訴求力に大きな違いが生じるため、ぜひチェックしてください。

動画サイズに注意

YouTubeでは、投稿できる動画のサイズについて以下の規定があります。

  • アスペクト比(推奨)…16:9
  • 解像度…240p~2480p
  • 動画時間…12時間以内(初期設定では15分以内)
  • 動画容量…128GB

16:9以外のアスペクト比で動画を投稿した場合、サイズが自動調整されます。その結果、画面が見づらくなり料理や店舗の魅力が伝えられなくなってしまいます。

また、SNSに投稿する際にはそれぞれサービスごとに推奨のアスペクト比があるため、注意しましょう。

SNSごとの規格とサイズについては、こちらの記事でまとめています。

動画製作者必見!SNS等の媒体ごとで定められた適切な規格とサイズ一覧

タイトル・サムネイルは魅力的に

視聴者が動画を視聴するか否かを判断する大きな材料となるのが、タイトルとサムネイルです。タイトルとサムネイルで意識する点は以下の通りです。

  • 価値をわかりやすく伝える
  • 視聴者の興味を喚起する
  • 読みやすい文字・文章を用いる

YouTubeは、多くのユーザーに視聴されれば視聴されるほど、加速度的に視聴回数・チャンネル登録者数が増えるため、一つひとつの対策を地道に行いましょう。

概要欄も手を抜かない

動画の概要欄の内容は、再生回数に大きく影響します。必ず押さえるべきポイントは、以下の点です。

・内容をわかりやすく記載する

・ユーザーが検索すると予想されるキーワードを盛り込む

・最初の3行に重要な内容を記載する

・ハッシュタグを効果的に活用する(特にタイトル上に表示される最初の3つが重要)

・来店を促せるよう、店舗情報などを正確に記載する

少しの工夫で成果が大きく変化するため、一つひとつの動画に対して適切に設定しましょう。店舗情報などのいつも用いる情報はテンプレートを作っておくと作業を効率化できます。

コロナ禍だからこそYoutube動画で集客力をアップしよう

YouTubeへの動画投稿は、飲食店にとってとても効果的かつ効率的な集客・ブランディング方法です。

スマートフォン一つでも撮影が可能であるため、予算をかけずに試験的にスタートしてみることも可能です。顧客からのネガティブな評判につながらないように注意を払いつつ、メニューや店舗内の雰囲気を撮影して情報発信してください。

コロナ禍により集客が難しい今だからこそ、YouTube動画を最大限に活用して店舗の集客力を高めていきましょう。

YouTube動画には、さまざまなノウハウやテクニックがあります。もし、動画集客を実践してもなかなか効果が表れない時には、ポイントがうまく押さえられていない可能性もあります。一つひとつは小さなポイントでも、それらが積み重なると動画の魅力が大きく下がってしまうケースは珍しくありません。

動画の結果がなかなか出ない場合や、スタートダッシュをかけて早く集客力を高めたい場合は、動画集客の専門家や動画制作会社に頼るのも手です。動画で何を伝えたいのか、自分の店の魅力は何かなどの情報をまとめて相談してみましょう。

NayutaColumnへのお問い合わせはコチラ


LINE公式アカウントでは、最新記事をいち早くお知らせしています!

友だち追加

ピックアップ記事

関連記事一覧