写真だけでは伝わらない!魅力を引き出す店舗紹介動画の制作ポイントと活用事例

動画マーケティング

小売店や飲食店の魅力を伝えるための手段として、動画が注目を集めています。

全国展開をする大手チェーン店だけでなく、小規模の店舗や個人店でも手軽に動画を撮影し、公開できるのは現代ならでは。

しかしながら、やみくもに動画を投稿しても期待した効果が得られるとは限りません。また、動画プロモーションをする際には、あらかじめ制作のポイントや効果を理解することも重要です。

この記事では、店舗の魅力を引き出す紹介動画の作り方とプロモーションの方法について、概要とポイントをわかりやすく解説します。

店舗の動画活用が普及しているワケ

動画広告の市場は近年右肩上がりで成長しており、店舗の集客手段として動画が利用されるケースも年々増加しています。店舗の集客に動画が用いられるようになった主な背景を3つの視点からご紹介します。

動画制作が容易になった

従来と比較して、動画制作は非常に容易になりました。

かつてのように広告代理店や映像制作会社に依頼をしなくても、スマートフォンやコンパクトタイプのカメラでも、十分に公開可能なレベルの動画が撮影できるようになりました。

また、動画編集に関しても、アプリやソフトの登場により、技術的な面でも費用の面でもかなり身近になっています。

今や動画コンテンツを作って公開することは、すべての方にとってとても身近なものとなっています。

スマホユーザーが増えている

動画を視聴する側の環境が整っていることも大きな要因です。

スマートフォンの所有率が67%を超え、誰もが場所を選ばずにインターネットを楽しめるようになりました。2020年には5Gの商用利用がスタートし、段階的にエリアを拡張させています。

YouTubeやTiktokなどの動画コンテンツが集まるプラットフォームもあり、動画を視聴すること自体がユーザーにとって自然なことになっています。

広告としての効果が高い

動画広告は、従来のチラシやリスティング広告よりも高い効果が期待できるという点でも注目されています。

動画さえあれば確実に効果が得られるというものではありませんが、動画の役割やメリットをうまく把握して活用することで、とても効果的な広告展開が可能になります。

動画で伝えられる情報はテキストの5000倍⁉

動画が広告として効果的なのは、伝えられる情報量がテキストよりも圧倒的に多いためでもあります。

「動画マーケティングとは?未経験者にもわかる基本と成功のコツ」で紹介した通り、動画が伝えられる情報量はテキスト+写真の情報量の5,000倍にものぼるといわれています。

伝えられる情報量が多いというのは、店舗集客の大きなメリットになります。

情報を正確に伝えられる

「リラックスできる空間」「女子会にぴったり」などと文言や写真で伝えようとしても、本来の魅力をうまく伝えられないことがあります。また、言葉だけではどうしても細かなニュアンスが伝わらず、クレームや不満の要因になってしまうこともあるでしょう。

動画なら情報を正確に伝えられるので、集客はもちろん、顧客の満足度向上の効果が期待できます。

短い時間で効率よく伝えられる

全体の動画視聴時間が伸びているとはいえ、視聴者が一つひとつの動画を見る時間はそれほど長くありません。短い時間の動画でも、視聴者の興味を惹く内容であれば、効率的に情報を伝えることができます。

店舗の紹介動画を活用するメリット

店舗紹介に動画を活用する場合、さまざまなメリットがあります。

多くの情報を伝えられる点は前章にてご紹介した通りですが、「広告」という視点での具体的なメリットは他にもあります。

費用対効果が高い

Youtubeなどに店舗紹介動画を投稿するだけでなく、予算に合わせたて広告配信することもできます。また、自店の顧客となるターゲット層に届きやすいように設定できるため、TVCMや折込チラシよりも効率よく広告を展開できます。

時間・エリアにかかわらず情報発信できる

店舗紹介動画はインターネット上に公開すれば、誰でも見られる状態になります。お店探しをしているユーザーは地域名や商品名などで検索をすることも多く、動画が検索結果に表示されるケースも増えています。インターネット上に動画があるだけで、集客につなげられる見込みは十分にあります。また、海外のユーザーなど遠方の見込み顧客に対してもアプローチが可能です。

SNSなど幅広いプラットフォームで展開できる

YouTubeだけでなく、Facebook、instagram、Tiktokなどさまざまな動画プラットフォームが活用できます。

動画で集客をするなら、SNSで拡散されやすい動画を作成する視点も重要です。有名YouTuberとのコラボレーションや、視聴者にとって意外性のある情報の提供などの企画力が要求されます。

効果測定しやすい

動画を含むインターネットによる広告は、効果測定しやすい面もあります。

例えば、YouTube動画の場合には、以下の情報がチェックできます。

・視聴回数やチャンネル登録者数

・視聴者属性(年齢・性別・地域など)

・コンテンツごとの視聴者の興味(どの動画の再生数が多いか?動画のどの場面で視聴者が離脱しているか?など)

さらに、動画限定のクーポンなどをつけることで、動画の視聴がどれだけ来店や購入につながっているのかをチェックすることも可能です。

動画制作の手順とポイント

ここまでの内容を踏まえて、YouTubeに店舗紹介動画を公開する際の手順とポイントを解説します。

ターゲットを設定する

店舗紹介動画の効果を最大限に発揮するための出発点は、動画のターゲット設定です。ご自身のお店の情報をどのような年齢・性別・特徴の方々に届けたいのか、を具体的にイメージします。

動画の企画・構成を考える

ターゲティングができたら、見込み顧客の興味を惹きつけられる動画の企画案を作成します。また、動画の内容だけではなく、視聴される媒体の選定も行いましょう

最適な動画サイズ・時間を設定する

YouTubeなどの媒体に動画を投稿する際には、サイズを最適化させる必要があります。YouTubeの場合は、以下のように決まっています。

  • アスペクト比(推奨)…16:9
  • 解像度…240p~2480p

これらの数値に合っていない場合、はみ出した部分の画像が切り取られてしまうなどにより、情報が不正確になってしまいます。

また、投稿する動画の時間も重要です。プラットフォームごとに投稿可能な時間が設けられているため、要注意です。

  • YouTube:12時間以内(初期設定では15分以内)
  • Instagram:60秒以下
  • Twitter:140秒以下
  • Facebook:240分以下

InstagramやTwitterなどで的確に情報を伝えるためには、動画の特徴を生かして短時間で効率よく情報を伝えることが重要です。

動画の効果を測定して改善する

YouTubeの場合、重要な情報は以下のとおりです。

  • 視聴回数
  • 再生時間
  • 視聴完了率

動画投稿をすれば、YouTube Studio アナリティクスという細かく指標を分析できるツールが無料で利用できます。定期的に情報を分析・改善して、店舗の来店やブランディングにつなげることで、動画広告はよりユーザーニーズにマッチしたものになります。

制作会社への依頼で新たな魅力を発見

ここまでに紹介した内容が店舗紹介の動画投稿の基本ですが、以下のような疑問点や課題が残るケースもあると思います。

「具体的な企画案が思い浮かばない」

「影響力のある芸能人や有名人に店舗を紹介してほしいものの、依頼をする手順がわからない」

「企画がどうしても店舗からの目線になってしまい、顧客のニーズと合致している自信がない」

そんなときは、動画制作会社に動画コンテンツの企画や作成を依頼するのもオススメです。

店舗紹介動画の事例

猫カフェ MOCHA 原宿竹下通り店

YOGI FEEL ヨギフィール 東長崎

和-NAGOMI-

NayutaColumnへのお問い合わせはコチラ


◆お知らせ

LINE公式アカウントをはじめました!最新記事の公開情報など好評配信中です!
友達登録お待ちしております。QRコードの読み取り または 下のボタンから登録可能です。

友だち追加

ピックアップ記事

関連記事一覧