Instagramの新機能「リール」とは?IGTVやTikTok動画との違いを解説

動画マーケティング

昨年リリースされたInstagramの「リール(Reels)」は、最大60秒の動画を作成し、編集・投稿できるサービスです。

実は、TikTokと使用感が似ているリール。BGMやエフェクトを選ぶだけで、簡単に雰囲気のある動画を作成できます。

短尺動画、ショートムービー全盛期のいま、リールはぜひ押さえておきたい機能です。この記事では、リールの使い方や互換アプリIGTV、TikTokとの違いを詳しく解説していきます。

Instagramのリールはクリエイティブな短尺動画

フィルムなどの“一巻き”として和訳できる「リール」。Instagramのリールとは、短尺動画を作成できる機能の名称です。リールを起動すれば、その場で動画撮影や編集が行えるようになっています。

また、リール動画はTikTokのような「縦型」の動画で、コマ撮りムービーの追加やスロー再生など、豊富なクリエイティブツールも備わっています。

3つの動画尺が選べる

2021年現在のリールでは、3つの動画尺(15秒、30秒、60秒)を選べるようになりました。動画尺が拡張されたことにより、様々な企画やアイデアをユーザーに届けられることでしょう。

たとえば、日常のひとコマを投稿する場合は15秒、商品を紹介する場合は30秒、ブランドをプロモーションする場合は60秒など、動画制作の目的にあった長さを選ぶのがおすすめです。

5箇所ある動画の表示先

リール動画の投稿先となるのは以下の5つのInstagramフィードです。

・タイムライン

・プロフィールギャラリー

・ストーリーズへのシェア

・リール専用タブ

・検索タブ

公開アカウントでリール動画を投稿すると、プロフィールに発見タブが新設されます。それにより、既存ユーザーに留まらず、Instagramのアカウントを持っていない潜在層のユーザーにリーチできるようになります。

さらに、リール動画をシェアする先には「Twitter」「Facebook」「Tumblr」「Ameba」「ミクシィ」を選択できるなど、年々アプリの利便性が向上しているのも嬉しいポイントです。

「いいね」と再生回数がわかる

リールの公開後は、ユーザーから「いいね」やコメントをもらえます。投稿に対するポジティブな感情は、次の動画クリエイティブにも活かせますね。

また、動画の再生数を判断できるのもリールのメリットです。今回、編集者がテストと題してシェアした動画には1時間で3,200を超える再生数がありました。投稿した時間帯は平日の昼間でしたが、Instagramを閲覧中のユーザーは意外に多いことがうかがえます。

リール動画・IGTV・TikTokとの違いを比較

ショートムービーアプリといえば「TikTok」が代表的です。しかし、近年ではInstagramも動画アプリとしての存在感を増し、女性を中心にユーザー数が伸長しています。

また、Instagramには互換性のあるロングムービーアプリ「IGTV」も用意されており、それぞれ異なる方法で動画を活用できます。ここではリール・IGTV・TikTokの違いを比較してみました。規格や掲載サイズの違いなどを参考にしてください。

【リール・IGTV・TikTokとの違い】

リールIGTVTikTok
動画の長さ〜15秒、〜30秒、〜60秒〜60分〜3分
動画の容量4GB・10分以内の動画は650MB・60分以内の動画は5.4GB・iOSは287.6MB・Androidは72MB
アスペクト比・ギャラリーでの表示は1:1・タブでの表示は9:169:169:16
ファイルタイプ. mp4 . mov. mp4. mp4 . mov
掲載場所フィード、プロフィールギャラリー、リールタブ、検索タブIGTVタブ、検索タブフィード、検索タブ、公式サイトトップページ
足跡機能なしなしなし
投稿デバイススマホ(iPad含)スマホ、PCスマホ、PC
その他の特徴キャプションの追加専用アプリによるキャプションの追加サムネイルとキャプションの追加

MP4とMOVの違いについては、以下の記事を参考にしてみてください。

映像と動画の違いとは?動画の種類、MP4・MOVなどフォーマットについても解説

リール動画の特徴

リールの特徴は用意された音源の数が豊富なことです。有名アーティストからイベント用のBGMまで、馴染みのある音楽でユーザーの心を掴みやすいと言えます。

投稿後は、Instagramのユーザー以外の潜在層にもリーチできるようになり、新たなフォロワー獲得や認知度アップに期待できます。ただ、投稿後の表示サイズはタブによって異なるため、サムネイルにこだわる場合はアスペクト比の違いを覚えておきましょう。

・プロフィールギャラリーで表示されるアスペクト比「1:1」

・リールギャラリーで表示されるアスペクト比「9:16」

IGTV動画の特徴

Instagramの互換機能であるIGTV。その特徴は長時間の動画尺です。通常15分までの動画、最長で60分の長尺動画(フォロワー数が1万人を超えるアカウントのみ)をアップロードできます。

IGTVの専用アプリを使えば、過去のインスタライブの公開を動画コンテンツとして保存することや、Instagramに搭載の分析ツールであるインサイトで動画の平均再生率を分析することが可能です。

TikTok動画の特徴

TikTokの特徴は、若年層による拡散力が高いことです。動画はAIが興味・関心を分析してユーザーに表示していて、好みのジャンルを手軽に視聴できるところが評価を受けています。

動画広告の導入以降はエンターテイメントに限らず、ビジネスの上でも活用されています。そして、クリエイターから寄せられた意見に基づき、7月1日(米国時間)に発表されたのが動画尺の拡張です。動画の長さは15秒から最長3分になりました。

リールの機能を余すところなく活用するコツ!

リールはInstagramで新しいコンテンツを発見するためにローンチされた機能です。より多くのユーザーに動画を届けるため、リールの機能を使いこなしてみましょう。

複数のクリップを活用する

Instagramでリールを開いたとき、ユーザーは映像と音を体感します。複数のクリップ(動画に必要な部分)をつないで自分らしさを表現しましょう。キャプションやARフィルター、音声ツールで編集し、動画のアイデアに斬新な動きを加えると効果的です。また、タイマー設定を活用すればとりでもハンズフリーで撮影できます。

リミックス機能を活用する

リールに追加されたリミックス機能は、自分と相手の動画を並べて、ひとつの画面に表示する機能です。コラボレーションとして自分の視点や商品の説明・事例を加えれば、ユーザーの興味関心を促進できます。

ハッシュタグ・メンションタグを設定する

ユーザーから検索されるためには、ハッシュタグやメンションタグの活用が重要です。投稿する動画と関連性のあるタグをつけておくと、マッチングの可能性が高まります。

タグをつける際はキーワードの範囲や投稿ボリュームを考慮して、リール動画に適切な言葉を選びましょう。キーワードが思いつかない場合は、同じジャンルや人気の投稿を参考にタグを分析してみましょう。

まとめ

Instagramの「リール」は短尺動画を投稿できる新しい機能です。「IGTV」や「TikTok」と規格や動画のサイズに違いがあり、特徴も異なります。今回ご紹介した内容を参考に、動画の目的にあわせて最適なムービーアプリを選んでください。

また、去る6月17日、リール広告の提供が開始されました。ビジネスマーケティングにおいても、Instagramは無視できないSNSへと発展を続けています。今後のアップデートに向けて、動画制作のノウハウを身につけておきましょう。

NayutaColumnへのお問い合わせはコチラ


◆お知らせ

LINE公式アカウントをはじめました!最新記事の公開情報など好評配信中です!
友達登録お待ちしております。QRコードの読み取り または 下のボタンから登録可能です。

友だち追加

ピックアップ記事

関連記事一覧